お知らせ

ブログカテゴリ

アイテムカテゴリ

ブランド

ご案内

スケボー選びに悩んでいるあなたへ

スケボー初心者を応援しています!

Hi5 SKATEBOARDING / 076-456-7851

もしもあなたが、これからスケボーを始める30代以上の人なら、ちょっとだけ時間をとって、このページ→「30代を過ぎてスケボーを始める時に 悩んでいたことランキング!」を読んでみて下さい。

スケートボードにチームが必要な2つの理由+秘密の魔法

スケートボードにチームが必要な2つの理由

スケボー初心者

Chocolate スケボー スケートボード デッキ 通販

こんにちは!Hi5 Skateboardingへようこそ。店長の稲垣です。

スケボーを楽しむタイプの人間って、ちょっと変わっている人が多いと思うんだけど、あなたはどう?

悪い意味ではないけど、ちょっと協調性に欠けていたりしない?

他人の目を気にしないというか、とことん自分の世界を追求していくっていうのかな。スケーターってそういうタイプの人が多い気がします。

え?自分は初心者だからそういうタイプには当てはまらない?

全然そんなことないです。十分当てはまります。むしろスケボーへの情熱が燃え盛っている分、タチが悪い(笑)。

っていうのは半分冗談なんだけど、初心者も上級者もプロスケーターも、やっぱり一般常識から少しズレた感性で生きてる変な人が多いよね。

でもさ、どうしてそんな変人達が、わざわざチームを作るのかな?

そもそもスケートでチームを作っても、フォーメーションを組んで敵チームと戦うスポーツではないし、そんな必要あるのかな?

ということで、スケートボードにチームが必要な3つの理由を考えてみました。

勝つためではなく、楽しむために。

photo credit: Scott Ableman via photo pin cc
スケボーにはどうしてチームが必要なんだろう?

1シーズン84試合を戦ったあと、上位8チームがプレーオフに進み、その中の上位2チームでワールドシリーズを開催し、優勝チームを決定するスケートボードがあったら見てみたい?

ある意味見てみたいけど、スケートボードがそんな感じに「競技化」されたらきっと面白くないと思う。

観客は、自分の好きなチーム以外が滑り始めたら、ブーイングしたり。相手チームにオーリーさせないために、スペースをなくしたり。

つまらなそうだよね?

他のスポーツみたいに、相手の邪魔をして、自分達が勝つということを前提にしたスケボーチームなんて、この世にひとつもありません。

それじゃあ、スケーターは何のためにチームを作るのか?

それは、「楽しむため」。

スケボーのチームメイトが、サッカーやバスケのように、あなたに、良いパスを出してくれるわけではないし、野球のように、一打逆転の場面で、ダブルプレーで切り抜けてくれるわけでもない。

ただ、一緒に滑っていたら楽しいから。

おそらくそれ以外の理由がなくても良いくらいに、純粋で強い理由。

自分が一緒にスケートして楽しい仲間が出来た時、きっとあなたにとってスケボーはかけがえのないものになっているはずです。

常に進化を求めているから。

i-Pathはそれまでのスケートボードにはない、自然、ナチュラルというスタイルを見出した最初のブランド。

アメリカのスケートボード界では、次々と新しいチームが出来ています。もしくは、ライダーの入れ替わりがけっこう頻繁に起きています。

これは、「楽しむ」ということ以外に、何か目的があるのではないかと思うんだけど、あなたはなんだと思う?

僕は、「スケートボードを進化させるため」だと思います。

プロの世界のことだから、もちろん「お金」のことも絡んでくると思うんだけど、重要視しているのは、「スタイル」だと思います。

僕の個人的な考えだけど、スケボーのスタイルというのは、確立された完成形というものはないと思っています。

スケボーのスタイルは、常に変化して、進化している。僕がこれまでに「あ、新しいなー。こういうのもアリだな。」と思ったチームが、i-Pathチーム。

i-Pathはスケートボードシューズのブランドなんだけど、都会的でコンクリートやアスファルトのイメージが強いスケートボードに、「自然派」「ナチュラル」を持ち込んだチーム。これは、かなり新鮮で、所属ライダーもそのブランドカラーに合っていて、すごく影響されました。

i-Pathは、かなり色が出ていて分かりやすい例だけど、スケボーのチームって実はどれもこれも、こういうことをやろうとしています。

ちょっとカッコ良く、大きく表現すると、

「世界を変えようとしている。」

それまでにないカッコ良さを世界に見せつけたいんですよね。

これって、スポーツのチームっていうよりも、ロックバンドみたいですよね?

スケボーってスポーツよりも、音楽やアートの世界に近いのかもしれません。

まとめ:仲間が出来る、秘密の魔法

photo credit: seanmcgrath via photo pin cc
スケボー仲間を増やす秘密の魔法

戦う敵チームがないのに、チームを作るスケーター。これは、勝負のためではなく、「楽しむこと」と「表現」のためのようです。

僕もいまだに、いつものスケボー仲間と車で移動していると、ワクワクします。

「今日は腹がよじれるほど笑わされる覚悟が必要だな。」

とか

「なんとか、あのトリックをメイクして、こいつらに見せつけたい。」

みたいな感じ。トリックを成功させるのは、どこまでも孤独でスケボーと向き合う時間なんだけど、それを共有できる仲間がいることが、スケボーをやっていて一番良かったと思えることですね。

そして、インターネットのおかげでこうやってあなたとも価値を共有することだ出来て、マジで楽しいです。

最後に、パークやスポットでいつも一緒なんだけど、ちょっと距離を感じるあのスケーターと仲良くなれる秘密の魔法を教えますね。

それは、

「拍手」です。

え?そんなのいつもしてる?

だったらあなたはグッドスケーター!最高!

僕はそういうスケーターとスケボーしたい。

トリックが成功した時はもちろん、失敗しても、メイクへの強い気持ちを感じた失敗だったら、拍手しよう!

この魔法がある限り、きっとどこで滑ってもスケボー仲間が出来ると信じています。

幸せなら手を叩こう。

スケーターなら手を叩こう!

最後まで読んでくれてありがとう!あなたのスケーターライフが楽しくなることをマジで応援しています。

Hi5が初めてというあなたにオススメの10記事