LAKAI セール

30代、40代のオッサンでもスケボーを楽しむための、たったひとつのコツ

Posted on 2016年6

バックサイド 50-50 グラインド

tencho-portraitどうも!稲垣です。

あなたは、最近、スケボーを楽しめてますか?

それとも、これからスケボーを始めようと思ってる?

もしかしたら、自分の年齢のことを気にしてたりしません?

「もうアラフォーだし、若い時みたいに動けないし、年々下手になってる・・・」

とか、

「30歳を過ぎてからスケボーなんて、上手くなれるかな。ていうか、痛いオヤジだと思われないかな・・・」

って感じで、悩んでないですか?

僕の元にも、けっこう「年齢的なことで悩んでます。」っていう相談メールが届くことが多いんです。

で、僕も今年で39歳になって、年齢的なことで悩むかなって思ってたんですけど、

今が、人生で一番スケボーが楽しいんですよ!

自分でも不思議なんですけど、実際、メチャクチャスケボーが楽しい。

若い時に比べたら、オーリーも低いし、キックフリップも成功率ダダ下がりだし、縁石も低いのしか乗れないし、ビビってるからスピード出せないし、ヒザが痛いから、滑るのは、週2回くらいが限界だし。

でも、若い時より、39歳の今のほうがスケボーが楽しい。

去年くらいまでは、年々落ちていく体力とモチベーションを実感して、

「このまま下手になっていく自分を感じながら、スケボーをやっていくのか・・・」

と、考えたこともあったんですよ。

これって、アラサー、アラフォーのスケーターなら、誰でも感じ始めると思うんです。

若い時は、スケボーに乗る度に上達を実感できる。

だけど、30歳を過ぎた辺りから、スケボーに乗る度に、できないトリックが増えていく。

嫌ですよね、こんなの。

日に日にスケボーが下手になっていく自分と向き合うなんて、地獄ですよ。

だけど、僕は、あるコツを見つけたというか、考え方を変えたことで、若い時より、今のほうがスケボーが楽しくなりました。

そのコツを、今日はあなたにお伝えしたいと思います!


高さへのこだわりを捨てる!

若い時って、とにかく「高さ」にこだわります。

高いオーリー、高いキックフリップ、高い縁石でのグラインド。

僕も昔は、けっこうな高さを攻めていました。

でも、その時って、やっぱりチカラ任せだったんですよね。

瞬発力、筋力、勢いに任せてメイクしていたと思います。

歳をとると、そういったチカラは、どうしても衰えてきますよね。

なのに、「これくらいの高さを出してないとダメだ!」っていう、誰が決めたか分からない決まりに縛られて、どんどん成功率が落ちていって、

「あぁ、俺はもうダメなんだな・・・」

と勝手にヘコむ。僕はこれを繰り返していました。

でも、別にどんな高さのトリックをやろうが自由なんですよ。自分が勝手に、周りの目を気にしていただけなんです。

そこで、やる度にヘコむスケボーをやるくらいなら、高さへのこだわりなんて一度捨ててみようと思って、低い縁石でグラインドをしたら、

メチャクチャ楽しいんですよ。

最近、一緒に滑っている友人も41歳のオッサンスケーターなんですが、彼と一緒に、延々、高さ15cmほどの縁石を攻める。

これが、最高に楽しいんです。

↓これくらいの高さの縁石です。

ビッグトリックじゃないんだけど、小さい成功を感じながらスケボーを楽しめる。

50-50グラインドをちゃんとメイクできるようになったら、次は180アウトをやろうとか、ノーリーで降りてみようとか、この低さなら、フリップで乗れないかな?とか、

高さにこだわっていた時よりも、楽しさがぐ~んと広がる。

しかも、高さにこだわるのをやめると、ケガも少なくなるから、実は、思い切ったトライもできるんです。

高さ15cmの縁石さえあれば、小さな成功と思い切ったトライを、何度も味わえるんです。

若い時は、高さばかりにこだわって、楽しさが二次元だった。

これを飛び越えた。これに乗ることができた。これを飛び降りることができた。って感じで、高いか低いかの価値観。

今は、楽しさが、横や下やななめにも広がって、スケボーを三次元に楽しめるようになったから、若い時より、今の方がスケボーが楽しいと実感しています。


でっかいトライよりも、小さなメイクを積み重ねていこう!

チカラ任せに、一か八かメイクするっていうことを繰り返していても、技術的には、何も身についていないことがあります。

実際に、僕は、若い時にできていたことが、今はできない。

若い時のチカラや勢いってスゴイから、それだけでもトリックをメイクできるし、それが楽しい。それは、それで良いんです。

でも、これからアラサーを超えて、アラフォー、アラフィフっていうオッサンになってもスケボーを楽しんでいく時には、チカラと勢いを使うことはできない。

オッサンになったのに、チカラと勢いに任せてデカイトリックにトライしていると、何もメイクしないまま1日が終わるってことになってしまいます。

これって、マジでスケボーが楽しくないと思います。

それよりも、小さくても良いから、メイクを積み重ねていくほうが、絶対に楽しい。

しかも、小さいメイクを積み重ねていくうちに、デッキコントロールも良くなっていって、滑りがスムーズになる。

すると、気持ちに余裕ができて、少し大きなトライができるようになる。

で、さっきは「高さへのこだわりを捨てる」って言ったけど、

小さいメイク → デッキコントロールが良くなる → 気持ちに余裕ができる → トライする → 小さいメイク・・・っていう、良い循環が生まれたら、高さへのトライもできるようになるんですよね。

僕の場合は、グラインドトリックが好きだから、縁石を低くしたけど、他のセクションやトリックでも同じ。

チカラ任せに高く飛ぶ事をいったんやめて、メイク率とコントロールに集中してみると良いと思います。

だから、もしもあなたが、オッサンの年齢に突入して、

「もう、若い時のように楽しめないのかな・・・」

と不安に思っているなら、全然大丈夫です!

オッサンになってからでも、スケボーを楽しめます!

そして、

「もう、オッサンだけど、スケボー楽しめるかな・・・」

と不安に思っているあなたも、安心してください。

周りの若さや上手さに戸惑ったり、気負ったりせず、あなたのペースで練習して、トライし、小さなメイクを積み重ねていってください。絶対に、スケボーを楽しむことができますよ。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

【追伸】

「オッサンになって体力が落ちてきたから、できるだけ軽いスケボーが良いような気がする」

と思っているあなたに、オススメのセットがバージョンアップして、再発売です!

こちら→ http://hi5sk8.net/?p=10757

 

このホームページ、初めて来たんだけど・・・

っていうあなたのためにオススメの10記事があります。詳しくはこちら→ オススメの10記事
winter-campaign-banner shop-banner


Hi5の更新情報やお得なセール情報をゲットするなら、SNSが便利です。

下からあなたに合ったサービスを選んでフォローしてくださいね。

スケボー初心者サポートの情報やセールのお知らせをゲットしたいなら、↓こちら。

  • Hi5のTWITTER:スケボー初心者サポートの情報やお得なセール情報など。
  • Hi5のFacebook:スケボー初心者サポートの情報やお得なセール情報など。



No Replies to "30代、40代のオッサンでもスケボーを楽しむための、たったひとつのコツ"