お知らせ

ブログカテゴリ

アイテムカテゴリ

ブランド

ご案内

スケボー選びに悩んでいるあなたへ

スケボー初心者を応援しています!

Hi5 SKATEBOARDING / 076-456-7851

もしもあなたが、これからスケボーを始める30代以上の人なら、ちょっとだけ時間をとって、このページ→「30代を過ぎてスケボーを始める時に 悩んでいたことランキング!」を読んでみて下さい。

ストリートスケートにも、サーフィン感が必要だわ。

スケボー スケートボード 初心者 コンプリートデッキ 通販

ブログ

どうも!稲垣です。

アメリカのスケーターって、メチャクチャカッコイイ滑りをすると思いませんか?

僕は、YouTubeなんかでアメリカのスケーターの滑りを見ると、

「根本的に自分と何かが違う・・・」

と感じてしまいます。

オーリーの高さやトリックの多さとか、そういうこと以前に違うものがある。

ずーっと何が違うのかなぁって考えてきたんですけど、最近、「多分これじゃない?」っていう答えが見えてきました。

それは、クルージング感です。

クルージング感というか、サーフィン感ですかね。

アメリカのストリートスケーターって、どこかサーフィン感、波乗り感を感じるんですよ。

縁石とかレールとか壁を使ってトリックしているんですけど、なんとなくサーフィンの映像を見ているような感じがするんですよね。これって僕だけですか?

僕なんかが、ストリートやパークに行ってトリックをやっても、サーフィン感なんてまったく出ないです。

トリックが上手いとか、高いとかそういうこととは違って、スケートボードに対する感覚の違いなのでは?と思っています。

ちなみに、アメリカのスケーターってランプやバーチカルをやっていても、やっぱりサーフィン感ありますし、ボウルなんてまさにサーフィン感プンプンです。

スケートボードは、サーファーが陸でも波乗りの感覚を楽しんだり練習したりするために、自らの手で開発したっていうのは有名な話しなんですが、この辺の歴史が現代のスケーターにもしっかり伝わっているんでしょうか。そんな話聞いたことないんだけど。

アメリカでも、若い時は「攻めるスケート」で認められることが多いけど、ベテランになってくると、クルージング感、サーフィン感を極めたスケーターが尊敬されていると思うんですよ。

ジーノ・イアヌッチとか、

Let me jus bless your Monday morning real quick #GINO 👑🙏🏼💦 #sluggerskatestore #slugger #weonlypumplegends #purelej #ginoianucci

sluggerskatestoreさん(@sluggerskatestore)がシェアした投稿 –

レイ・バービーとか。

やっぱり、スケートボードの原点ってサーフィンにあって、ストリートで滑っていても波に乗っていく感覚が大事なのかなぁ。

オーリーやフリップも大事だけど、やっぱりプッシュで移動するクルージング感をもっと磨いた方がモテるスケーターになれると思います!

クルージングには、ちょっと柔らかめのウィールを使うと、プッシュが苦手な人でもスムーズな滑りを楽しめますよー。オススメは、SPITFIREの80HDウィールです。よかったらチェックしてみて下さいね(^^)

SPITFIRE 80HDウィール一覧ページへ

Hi5が初めてというあなたにオススメの10記事