LAKAI セール

スケボーをすると身も心も汚れてしまうの?

Posted on 2014年2

どうも!稲垣です。

あなたはThrasher(スラッシャー)っていうスケボー雑誌を知ってる?

Thraser スラッシャー スケボー スケートボード 雑誌

スケーターにとって、この雑誌に写真が掲載されることが一つの目標だったりするくらいの雑誌なんだけどさ。

かといって、地位と威厳があるかっていうと、そんなことが全然ない!

スケボーのトンガッてる部分を失くさないように、いっつもメチャクチャな企画を実行してて、マジでカッコイイ雑誌なんだよ。

スケボー初心者の時って、トリックが上手くできなかったり、スケボーのルールやマナーみたいのがよく分からなくて、上手く楽しめない時ってない?

でもね、Thrasherが発信している情報やメッセージを受け取ると、「スケボーを楽しめ!メチャクチャやって良いぞ!」っていうのが伝わってきて、すごく楽しくなるんだよ。

むしろ、あんまり細かいことを気にしてたらスケボーなんて楽しめないんだなって思うようになるよ。

もしもあなたがThrasherがどんなスケボー雑誌か知らないなら、ぜひ観て欲しい映像があります。

毎年Thrasher主催で行われる「King of the Road(キングオブ・ザ・ロード)」っていう大会の映像。

チーム対抗で行われる大会で、基本はスケボーのトリックを決めたらポイントが入るんだけど、

中には「アホか!・・・アホかー!!」っていうようなこともしなくてはいけない大会。

例えば、中年のオバサンとディープキスしてこい!とか、Thrasherのタトゥー入れてこい!とか、ツアー中オシッコをペットボトルに溜めておけ!とかね。

もうね、アホでしょ。中学生ノリ全開なんだよ。

でもね、これこそがスケーターにとっての大事な部分なんだなって、King of the Roadを見る度に、いつも気付かされるんだよ。

だってさ、憧れのプロスケーターがアホなことして楽しそうなんだよ。

「あー、やっぱりこういう感じじゃないとスケボーなんて上手くならないんだなー」

って思わされるからね。

でね、2013年に行われたKing of the Roadの模様が、次々とYouTubeにアップされてます。

俺が大好きなChocolateチームも参戦してて、メチャクチャ盛り上がってます。

今年の企画で面白いと思ったのが、チームの中の一人が全身真っ白のコスチュームで、ツアーを回らなくてはいけないっていう企画。

これは、ツアー終了後にどれだけ汚れていたかを競うんだと思うんだよね。ちなみにChocolateの真っ白担当は、Vincent Alvarez(ビンセント・アルヴァレズ)。

thrasher King of the Road 2013 Choclate

↑こんな感じでTシャツもパンツも真っ白。これが今回のツアーでどれくらい汚れることになるのか。

俺の予想だけど、もはや汚れっていうか流血で真っ赤に染まるんじゃないかと思う。

スケボーで転んだらどれくらい汚れるのか?でも、滑れば滑るほど心はキレイになるはず。ならないか?

今回のKing of the Roadもなかなかのアホ企画満載です。もちろん、ハイレベルのトリックもビシバシ飛び出してます。

寒い日が続いてなかなかスケボーできないっていうあなた、この映像でスケボーの楽しさを再認識してください。

YouTubeで「thrasher King of the Road 2013」っていうキーワードで検索すると、他のチームの映像も観られるよ。

最後まで読んでくれてありがとうございます!

あなたのスケーターライフを応援しています!


【追伸】

オーリーが高くなる秘密のデッキがChocolateから発売されています。

こちら→ http://gosk8.net/3x

 

このホームページ、初めて来たんだけど・・・

っていうあなたのためにオススメの10記事があります。詳しくはこちら→ オススメの10記事
winter-campaign-banner shop-banner


Hi5の更新情報やお得なセール情報をゲットするなら、SNSが便利です。

下からあなたに合ったサービスを選んでフォローしてくださいね。

スケボー初心者サポートの情報やセールのお知らせをゲットしたいなら、↓こちら。

  • Hi5のTWITTER:スケボー初心者サポートの情報やお得なセール情報など。
  • Hi5のFacebook:スケボー初心者サポートの情報やお得なセール情報など。



No Replies to "スケボーをすると身も心も汚れてしまうの?"


    コメントを残しますか?

    Some html is OK

    CAPTCHA