スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

メガネスケーターってカッコイイよね。

メガネスケーターってカッコイイよね。

どうも!稲垣です。

あなたは、普段メガネをかけていますか?

僕は、目が悪いので普段はメガネやコンタクトを使っています。

一時期メガネスケーターに憧れてメガネをかけて滑ってみたんですけど、転んだ時に危ないし、顔に乗っかってる感じがうっとうしくて合いませんでした。

メガネって知的なイメージがあるじゃないですか。だけど、スケボーって知的っていうよりは不良とかバカとかそういうイメージ。この2つが融合すると、これはもう禁断的なヤツです。苦いコーヒーに生クリームを乗っけたウインナーコーヒー的な、甘い大福にすっぱいイチゴを入れたイチゴ大福的な、そういうのと同じでクセになっちゃうカッコ良さがあるのです。

今日は、僕が好きなメガネスケーターを何人か紹介していこうと思います。

 

まずは、こないだのKROOKEDのビデオでもヤバイ滑りを見せてくれたMATT GOTTWIG(マット・ゴットウィグ)。

クソ高いオーリーと少しダーティな滑りがカッコイイですね。

次は、Jack Sabback(ジャック・サバック)

オーリーの時の後ろ足の引きつけがカッコよすぎ。メガネのせいなのか滑りが知的に見える。あと、メガネとヒゲのセットは、スティーブ・ジョブズっぽい!僕は、ジャック・サバックのフェイキー5-0グラインドが大好きです。

次は、少し昔のスケーターでSteve Olson(スティーブ・オルソン)。

なんだかちょっと狂気を感じるスケーターというか、年を追うごとにどんどん変な人になっていきました。それだけにスタイルがあって記憶に残るスケーターでしたね。メガネがよけいに怖さを引き立てています。

最後は、日本人から、中村久史さん!

メガネと手の動きで、すぐに「中村久史や!」と分かるスタイルですね。カッコイイです。影響を受けているスケーターが沢山いると思います。影響を受けている人は、みんな手の動きが一緒になっていくので、「あいつ中村久史好きやな」と分かってしまいます。

 

以上、メガネスケーターを紹介してみました。やっぱり、メガネスケーターはスタイルがありますね。メガネがコンプレックスだったりする人もいるかもしれないけど、逆手に取って個性にしていったほうがカッコイイと思います。今日は以上です!

 

tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする