カモメ好きにはたまらん。ANTI HEROとGNARHUNTERSのコラボアイテム。

お知らせ

ブログカテゴリ

アイテムカテゴリ

ブランド

ご案内

富山県のスケボーショップHi5のスケボースクール

どうも!稲垣です。

このページでは、Hi5のスケボースクールについてお伝えします。

まずは、この動画を見てみてください。

これは、2018年7月からスケボーを始めた、スケボー歴10ヶ月目の39歳のオーリーです。

高さ的には、20cmくらい飛んでいるし、デッキのテールが上がって、地面と平行になっているキレイなオーリーです。

彼は、仕事が終わった後、時間が許す限り、近所の公園で練習を続けたそうです。僕のお店にも毎週のように来て練習しています。

僕は、彼が、時間をかけて練習を続けたからオーリーができるようになったと思っていました。

でも、彼は、それは違うと言いました。

「稲垣さんのアドバイスがなかったらできなかった」

そう言うんですね。

「いやいや聞いている限り、かなり練習しているし、それだけやれば、誰でもできるようになるでしょ」

と言うと、彼は、

「僕は、Hi5に来る前にもスケボーを持っていてオーリーの練習をしていた。だけど、その時は、まったくできなかったんです。オーリーのコツすら分からずに練習して、最終的には諦めていました。だけど、稲垣さんのコツを聞いてからは、着実に上達していったんです。」

と言ってくれました。

これまでブログでは、オーリーのコツを沢山書いてきました。たまにメールやLINEで「ブログに書いてあるようにやったら、オーリーができてきました!」というメッセージも頂いていました。

だけど、実際に一緒に滑りながらコツを伝えて練習したのは、初めてのことでした。

そして、眼の前で日に日に上達していく39歳の大人スケーター。

もしかしたら、自分がやっているコツは、もっと多くの人に伝えても良いことなんじゃないか?

そんな風に思って、今回、Hi5のスケボースクールを始めることにしました。

とは言っても、公共パークで開催されているようなスケボースクールではありません。

みんなで一列に並んで、講師が言うことを順番に練習していくようなスクールは、やりません。

やることは、高さ20cmのオーリーをマスターすること。これに集中します。

どうして20cm?と思うかもしれませんが、理由は2つです。

  1. 高さ20cmのオーリーができれば、どこにいっても、スケボーが楽しめるから。
  2. 僕自身が、自信を持って伝えられるレベルだから。

順番に説明していきます。

 

高さ20cmのオーリーができたら・・・

高さ20cmというのは、僕が考える一番低いオーリーです。

Hi5のスケボースクールでは、一番低くてもいいので、キレイなオーリーを目指します。

ノーズの高さまでテールが上がって、デッキが地面と平行になって、足にくっついているように見えるオーリー。こういうオーリーは、たとえ低くても、めちゃくちゃ価値があります。

高さ50cmの障害物を飛び超えているけど、テールが上がっていないオーリー。これには、あんまり価値がないし、オーリー特有の気持ち良さもないし、オーリーから先のトリックの広がりがなく、続けていても、いつか壁にぶち当たります。

高さ20cmのキレイなオーリーができるようになったら、↓こんなトリックを楽しむことができます。

  • マニュアル
  • 50-50グラインド
  • オーリーに慣れてきたら、キックフリップにもトライできます。

さっきのオーリーをしていた彼は、先日、50-50グラインドもできるようになりました。

低いけど、しっかりとトラックがかかった50-50グラインドです。このパークに最初に行ったときはできなかったけど、2回目に行ったときには、さらっと成功していました。やっぱりキレイなオーリーをマスターしていると成長が早いです。

  • オーリー
  • マニュアル
  • 50-50グラインド
  • キックフリップ

僕は、この4つができるだけで、ストリート、パーク、空き地、駐車場、家の前、どこでも、スケボーを楽しめると考えています。

実際に、プロスケーターがやっている滑りも、これら4つの滑りの組み合わせだったりします。

↑これは、キックフリップの後にマニュアルをしているのですが、こんな感じで、トリックを組み合わせていくことができるんですね。(この映像の組み合わせは、かなり難しいんですが・・・)

プロは、組み合わせの多さに加えて、高さもあるのがスゴイですが、僕たちは、まずは、高さ20cmで色んなことができるようにやっていきましょう。

僕のこれまでのスケボーの経験から言えることは、高さは、競うためのものだったり、自分のスタイルを表現するためのもの。スケボーの楽しさや気持ち良さは、低いトリックでも十分味わえます。

 

できないことを伝えたくない

高さ20cmのオーリーを目指す2つ目の理由は、完全に僕の話なのですが、僕ができないことを伝えたくないからです。

僕が、Hi5のスケボースクールで伝えられるのは、高さ20cmのオーリーをマスターできるコツです。

これより高いオーリーになると、違ったコツやスキルが必要になります。筋力や瞬発力も必要になってきます。

Hi5のスケボースクールでは、僕が講師をやります。知っているということを伝えても良いのかもしれないのですが、僕は、僕自身ができることだけを伝えていきたいと考えました。

スクールでお伝えするオーリーのコツは、僕が自分で考えて、実践して、マスターしたコツです。

このコツのおかげで、高さ20cmの気持ち良いオーリーができるようになり、42歳の今でも、楽しくスケボーができます。

参加してくれたスケーターには、僕が知っているコツを全部お伝えします。

  1. 高さ20cmのオーリーができれば、どこにいっても、スケボーが楽しめるから。
  2. 僕自身が、自信を持って伝えられるレベルだから。

という2つの理由で、Hi5のスケボースクールでは、高さ20cmのオーリーのマスターを目指します。

なので、すでに20cm以上飛べるスケーターは、参加する必要ないです。あと、どんどん高いものを飛びたいっていうスケーターも参加しないほうが良いです。

逆に、低くても良いから、キレイなオーリーをマスターして、気持ち良く滑りたいという人は、ぜひ参加してみてください。

ここまで、「コツ」という言葉を連発しているんですけど、僕が伝えるオーリーのコツって何なのか?

ここでちょっとだけ、僕が見つけたオーリーの2つのコツをお伝えします。

 

前足をすり上げない!テールは、引き弾きしない!

  1. テールは、〇〇に弾く。
  2. 前足は、必ず〇〇す。

(〇〇で隠れているところは、参加したスケーターだけに教えます。)

この2つです。もしかしたら、この2つを意識するだけで、一気にオーリーができるようになる人もいるかもしれないくらい、超重要なコツです。この2つができれば、高さ20cmのキレイなオーリーが完成します。最初に紹介した39歳のスケーターも、この2つのコツを徹底的に意識して練習していました。

一般的に言われているコツに、「前足をすりあげる」「テールを引きながら弾く」というのがありますが、これは、僕の経験から言うと、あまり意味がないです。意味がないどころか、意識すればするほど、キレイなオーリーから遠ざかっていきます。

どうして「前足をすりあげる」「テールを引きながら弾く」という間違ったコツが、ここまで広がっていったのかという理由もあるのですが、それもスクールの最初でお伝えします。この間違ったコツをやめるだけでも、キレイなオーリーに一歩近づけます。

 

何もできない初心者でも大丈夫です!

Hi5のスケボースクールでは、僕が見つけた「オーリーの2つのコツ」を徹底的に練習していくのですが、このコツを練習する前にマスターしておきたい、大切なトリックが3つあります。

それは、プッシュ、マニュアル、ターン。

この3つがある程度できていないと、オーリーの2つのコツを実践することは難しいです。なので、この3つの基礎的なトリックも同時に練習します。これらのトリックのコツもお伝えするので、ご安心ください。

 

Hi5のスケボースクールには、こんな人は参加できません!

長くなってしまったので、まとめます!

Hi5のスケボースクールは、

  • 高さ20cmで一番低いけど、キレイなオーリーをマスターできます。
  • プッシュ、マニュアル、ターンという、基礎的なトリックも練習するので、本当に何もできない初心者でも安心。

というスクールになります。

講師は、僕一人で、場所も時間も限られているので、参加には条件があります。


【Hi5のスケボースクール参加条件】

  • 18歳以上
  • 自分の車で移動できる人
  • スクール中に起きるケガや事故は、自己責任ということを理解できる人
  • LINEや携帯電話のショートメールで連絡が取れる人。(パソコンメール不可)

これら全てに当てはまらない場合は、参加をご遠慮ください。

さらに、↓こういう人も、参加できません。

  • すでに高さ20cm以上のオーリーができている。
  • とにかく高いオーリーがしたい。
  • すでに他のスクールに通っている。
  • 普段から教えてもらっている人がいる。
  • 自分のやりたいようにやりたい。
  • プロスケーターを目指している。
  • 大会で勝つための滑りを練習したい。

こういう人には、僕から教えられることはなにもないです。

逆に、↓こういう人は、めちゃくちゃ参加をおすすめします!

  • 30代以上の人。40代、50代も大歓迎!
  • 周りに教えてもらえる人がいなくて、いつも一人で滑っている人。
  • 子供にスケボーを教えてあげたいけど、自分が何もできなくてと困っている人。
  • キッズや若い人が多いスクールには、恥ずかしくて通えないという人。
  • スケボーカルチャーが好きな人。
  • 競い合うよりも、スケーター同士認め合って楽しく滑りたい人。
  • スケボーでのケガは自己責任だと理解できる人
  • スケボーをライフスタイルにして生きていきたい人

Hi5のスケボースクールは、公共パークでやるようなスクールとは違うので、少人数制です。

  • 子供と一緒に練習するのは、ちょっと・・・
  • 若い人が沢山いてやりづらい・・・
  • 初心者過ぎて参加できない・・・

という場合でも、安心して参加できます。

一列に並んで、「やってみましょうー!」みたいなことはしません。スケーターらしく、自由に楽しく滑りながら、アドバイスを受けたり、質問したりできます。分からないことは、気軽に聞いてくださいねー。

それでは、Hi5のスケボースクールの料金などをお伝えします。


【料金・時間・場所】

  • 完全予約制です。3日前までに、電話、LINEでご連絡ください。
  • 時間:午前10時〜12時
  • 火曜日から日曜日の間で、ご希望の日をご予約できます。
  • 料金:2時間 2,000円(参加前にクレジット決済をお願いしています。)
  • 定員:5名
  • 定休日:月曜日
  • 場所:参加者にだけお伝えします。
  • 雨天中止。中止になった場合は、別の日に変更できます。

お得な回数券もあるので、ご希望の場合は、初回参加時にお申し付けください。


最後に、スケボーの練習について、僕が考えていることをお伝えします。

スケボーのトリックは、反復練習を続けていれば、必ず上達するというものではありません。

間違ったコツの練習を続けると、間違ったコツをやるのが上手くなるだけです。

大切なのは、正しいコツを知って、そのコツを繰り返しやってみること。これが正しいスケボーの練習だと思っています。

僕のスクールでは、プロスケーターにはなれないし、大会で勝てるような滑りができるようにはなりません。

だけど、スケボーをライフスタイルにして、楽しく生きるお手伝いはできます。

僕には、スケボーの才能なんてありませんでした。だからこそ、「なんでオーリーができないんだ・・・」という、あなたの悩みが分かります。

僕が見つけたコツを練習すれば、きっと少しずつオーリーができるようになります。一緒にトライしていきましょうー!

ご予約は、電話、LINEで受付中です。

電話:076-456-7851(14〜19時 月曜定休)

LINE:https://line.me/R/ti/p/%40fmu8279i
(登録後に1対1トークで「スケボースクール参加希望」とお伝え下さい。)