スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

部活とか体育とかそういうのが嫌なら、スケボーじゃ!

部活とか体育とかそういうのが嫌なら、スケボーじゃ!

どうも!稲垣です。

昨日、ツイッターで↓こんなことをつぶやきました。

学校で教えられる体育や部活が原因で、スポーツや運動を嫌いになる人って多いですよね。

僕も部活や体育特有の、根性論とかしごきとか、水飲むなとか、ちゃんと並べとか、そういうの大嫌いです。

だけど、部活や体育は嫌いだけど、体を動かすのは好きっていう人は、意外に多いんですよね。

マラソンブームとか筋トレブームとかが、それを表していると思います。

自分からやりたいことを見つけて、自分なりの達成感を感じられる分には、体を動かしたい。

でも、勝ち負け、チームプレー、全体行動なんていうのになると、馴染めない。

そんな人こそスケボーですよ。

勝ち負け関係ない、チームプレーなんて存在しない、全体よりも個人を尊重。これがスケボーカルチャーです。

 

スケボーやってますっていうと、誤解されることが多いです。

誤解には2つのパターンがあって、

怖い人だ。という誤解。

確かにタトゥーゴリゴリでタバコくわえながら滑ってるってイメージありますからね。でも、ほとんどのスケーターは良い人ですよ。

そしてもう一つの誤解が、

活発で明るい人だ。という誤解。

スケーターだって、体を動かしているんだから、どっちかというとスポーツマン寄りの人間性だろうと思っている人が多いと思うんですけど、そんなことないっす。

部活でいうと、文化系の部活に入ったほうが才能を発揮する感じの人が多いんじゃないかな。

スケボーって、絵、音楽、作詞、作文、手芸といったような行動に近いと、僕は思ってるんですよね。

身体的能力があったほうが良いとは思うけど、運動神経抜群マンのほうが、スケボーが上手くなるってことはないと思う。

どちらかというと美術的センスを持っていて、一見暗めで、あんまり人と話さないで、一人で遊んでいるような人のほうがスケボーに向いていると思います。

スケーター同士でワイワイやっているのを見ると、そんな風に見えないかもしれないけど、スケーターってみんな一人の時間を持っていて、その時間は、かなり内側に向かっていて、アーティストに近い人達です。

その証拠に、スケボーって滑ること意外に、映像や写真を撮影したりする行動がセットになってます。

自分たちの活動をここまで作品として発信している人種って珍しくないですか?

サッカーとか野球で、試合の度に撮影して編集してBGM乗っけて発信している人達っているんですかね?しかも、DVDにしてパッケージまでデザインして、試写会まで開いて。多分いないと思います。

なので、運動神経悪いからスケボーできないかなーっていう心配は無用ですね。

スケボーのトリックって、鉛筆回しみたいなものなので、運動神経とか筋力は気にせず始めてOK!

ということで、スケーターは、どっちかというと文化的な活動だという説を、今日は必死こいて力説してみました。

学校の体育や部活になじめないけど、体動かしたいんじゃーとか、文化的なこと好きだけど、もっとストリート的でラディカルにやりたいんじゃーっていう人は、スケボーがピッタリだと思います。

スケボーって、そういう全体からハミ出した人のためにあるのかもしれないし、僕のお店は、そうでありたいなと思っております。

今日は以上です!

tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする