デッキ選びのポイント

スケボーを始めようとする時にあなたを悩ませる、「デッキ選び」。

デッキ選びは、「悩む」ことじゃなく、「楽しい」ことのはず。
それなのに、デッキ選びが難しく思われているのは、ブランドも種類も沢山ありすぎて、初心者にとってどれが良いのか、全く判断が出来ないからだと思うんです。

そこで、まずは人生最初のデッキ選びを「悩み」から「楽しい」に変える魔法の言葉をあなたに伝えようと思います。

「自分が好きなデザインを選ぶ!」

これだけの理由で選んで全然OKなんです。

僕も人生最初のデッキは、完全に見た目で選びました。だから、サイズが何インチだったか覚えていません。

でも、自分がカッコイイと思ったデッキを手に入れた充実感がありました。

あそこで、「サイズが良いらしいけど、デザインがあんまり好きじゃない。」って思いながらスケボーを始めていたら、きっとスケボーはそんなに楽しくなかったと思います。それくらいに最初のデッキ選びは、楽しむことが重要なんです。

だから、「サイズが・・・」とか、「形が・・・」って感じで悩む前に、デザインで選びましょう。

サイズや形は、最初に買ったデッキを基準に太くしてみたり、細くしてみたりしているうちに、きっとあなたにピッタリのデッキに出会います。

デッキ選びの、第一条件は、

「自分が好きなデザインを選ぶ!」

それでは、次にデッキ選びの第二条件、「サイズ選び」のポイントです。


サイズで選ぶ!

スケボー スケートボード 初心者 デッキ選び ポイント

スケートデッキのサイズを選ぶ時のポイントは、「幅」にあります。もちろん「長さ」もポイントになるのですが、トリックや乗り心地に影響するのは、「幅」と言われています。

一般的に、幅が細いと、回転系のトリック(キックフリップなど)がしやすくなりますが、安定性は低くなります。逆に、幅が太いと、回転系のトリックがやりにくくなりますが、安定性が高くなります。

【幅が細いデッキ】
メリット◎:回転系のトリックがしやすい。
デメリット×:安定性が低い
【幅が太いデッキ】
メリット◎:安定性が高い
デメリット×:回転系のトリックがしにくい。


↑このキックフリップというトリックが、回転系トリックの代表格。デッキをクルクルと回すトリックを僕は、回転系トリックと呼んでいます。

それじゃあ、どこからが細くて、どこからが太いのか?という風に考えるのですが、これは、身長、足の大きさ、目指すスタイルで、異なってくるので、個人差があります。極端な例で言うと、幅が太いほうが回転系のトリックがやりやすい、という人がいたりします。なので、色んなサイズを試していって、自分がしっくりくるサイズを見つけるしかないのですが、ここでは、Hi5店長 稲垣の体型を例にとって、僕が感じた、「細い」と「太い」を紹介しておきます。参考にしてみて下さい。
※1インチ=2.54cmです。

Hi5店長 稲垣のデータ 身長172cm/体重60kg/足のサイズ26.5cm


女性の方にオススメ【細】

幅が、7.625インチ以下のデッキ。

僕の体格だと、7.625インチ以下のデッキは、細めだと思います。キックフリップなどのトリックにハマっている時は、7.625インチや7.5インチをよく使ってました。

テクニック重視のスタイルを目指すスケーターや、回転系のトリックのコツを掴んだりする時に選んでみると良いと思います。幅が細いと、重量も軽くなるので、女性スケーターにオススメですね。

このサイズのデッキ一覧↓
細めのデッキ一覧へ


初心者が最初に選ぶなら【中】

幅が、7.63インチ以上、7.8インチ未満のデッキ。

細すぎず、太すぎす。バランスの良いサイズだと思います。回転系のトリックもいけるし、安定感もある、使いやすいサイズですね。
基準にしやすいサイズなので、最初に買うサイズは、このあたりを選ぶと良いと思います。
このサイズのデッキ一覧↓
中間サイズのデッキ一覧へ


乗りやすさを追求すると【太】

幅が、7.8インチ以上のデッキ。

太めだと思います。これくらいになると、キックフリップなどが回りにくいなーと感じます。でも、足を乗せる面積が大きいので、かなり安定感を感じます。
ガタガタの道なども多いので、ストリートスケート中心の時は、7.8インチ以上を選ぶことが多いです。

このサイズのデッキ一覧↓
太めのサイズのデッキ一覧へ


デッキのサイズは、「カートに入れる」ボタンの近くに、表示されています。
サイズの事などで分からないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。


好きなスケーターやブランドで選ぶ!

次のデッキ選びのポイントは、「好きなブランド、スケーターで選ぶ」という選び方です。
上級者になってもこの選び方をするスケーターも多いですね。デッキ選びの究極系です。

ここで、いきなりですが質問です。

「子供心って、何だと思いますか?」

多くのスポーツ選手やアーティストは、いつまでも子供のように人生を楽しんでいるように見えますよね。
あなたも、いつまでも子供のように楽しく毎日を過ごしたいと思いませんか?
僕が考える子供心というのは、

「憧れて、夢中でマネをする。」

ということです。子供の頃、テレビの戦隊ヒーローになりきって、公園を走り回りませんでしたか?
もしくは、大好きなアイドルになりきって歌ったり、大好きなサッカー選手になりきってプレーしたり。

子供はいつでも誰かのマネをしています。そんな時の子供はバカみたいに楽しそうで、疲れることを知りません。
あなたの子供の頃もそうじゃありませんでしたか?

でも、人は大人になると自分が正義になってしまい、マネすることも、憧れもなくしてしまって、自分以外の人を認めなくなってしまいます。

スケボーが年代を超えて価値観を共有できるのは、みんな、「子供心」を失くしてないから。

今、スケボーを手に入れようとしているあなたも、きっと子供の様な気持ちに戻っていると思います。

「あんなスケーターになりたい。」 「あの人みたいに飛んでみたいな。」

あなたの頭の中はこんな感じじゃないですか?
だったら、その気持ちのままデッキを選んでみましょう。
YouYubeや雑誌で見てカッコイイと思ったスケーターと同じデッキを選んだり、好きなスケーターの名前が入ったデッキを持ってストリートに出かけたら、あなたは子供の様に、憧れのスケーターになりきって、スケボーを楽しめると思いますよ。

初心者も上級者も、スケボーを純粋に楽しむためには、「子供心」を持ち続けることが大事です。
あなただったらきっと楽しむことが出来ると思いますよ!


デッキ選びのポイントのまとめ

あなたを悩ませていたデッキ選び。悩み解決のための3つのポイントをお伝えしました。

①好きなデザインを選ぶ
②サイズは、大きく3つのカテゴリに分ける。
③好きなスケーター、ブランドで選ぶ。

この3つのポイントをまとめると、つまり、

「細かいことは気にせずに、楽しんで選ぶ!」

ということになります。

スケボー選びに悩んで、どれを選んで良いか分からないまま過ごして、結局スケボーを楽しめずにいるのが、一番もったいないことだと思います。

とにかくスケボーを手に入れて、「考えるだけスケーター」「見ているだけスケーター」を卒業して、僕達と一緒にスケボーを楽しみませんか?

なぜ、今、あなたの手元にはスケボーがないのでしょうか?

スケボーを手に入れて、スケボーに乗ってしまえば、あなたの悩みはあっという間になくなって、楽しいスケーターライフが始まります。

こうやって、あなたのスケーターライフのサポートが出来て、本当に嬉しいです!

スケボーのことで何か分からないことや困ったことがあったら、気軽にメッセージ下さいね。

あなたのスケーターライフを応援しています。

一緒にスケボーを楽しみましょう!

デッキ一覧ページは、こちら→ http://hi5sk8.net/category/deck/