スケボー通販 Hi5 SKATEBOARDING

NIKE SB ISHOD購入前にチェックしておきたいこと

2月14日までバレンタインキャンペーン CHOCOLATEデッキ20%オフ!
スケボー初心者におすすめのオーリーマスターセットコンプリートデッキスケボー

どーも!稲垣です。

NIKE SBから、待望の新シグネチャーシューズ ISHODが、2022年1月7日に発売されます!

NIKE SB ISHODは、プロスケーター Ishod Wair(アイショッド・ウェアー)のシグネチャーモデル。

これまで、DUNKやBRUINを使ったカラーシグネチャーは出ていたけど、今回は、完全にIshodのために作られたフルオリジナルシューズ。ソールには、最新バルカナイズドソールが搭載されていたりして、今後のNIKE SBのシューズに影響を与えていくようなシューズになっています。

ISHODは、これまでにないオリジナルなNIKE SBシューズっていうことで、特長やメリットを紹介していこうかなと思います。

NIKE SB初の黒人スケーターシグネチャーシューズ!

これまで、NIKE SBからは、いくつかのシグネチャーモデルが発売されてきました。

ポール・ロドリゲスのP-ROD、ナイジャ・ヒューストンのNYJAH、シェーン・オニールのSHANE。

これらに続く4足目のフルオリジナルシグネチャーモデルがNIKE SB ISHODです。

黒人スケーターとして初めて、NIKE SBからシグネチャーモデルがリリースされます。

NIKE SBは、SDGsの面でも革新を続けていくという意思を感じられるし、ISHODのこれまでの滑りとスタイルを讃えて、今回のリリースにつながったと思います。

NIKE SB ISHODのシューズのディテールを紹介する前に、彼がどんなスケーターなのかを紹介しようと色々調べていたら、アイショッドの経歴や滑りの特長をまとめてくれているYouTube動画を見つけたので、そちらを見てみてください。

この動画を見れば、アイショッドのことは、大体分かると思います!(このスケボー談義というチャンネル、めちゃくちゃ良い!即登録!)

詳しい経歴は、スケボー談義さんの動画に任せて、僕が思っているアイショッドの印象を少し書こうと思います。

アイショッドは、競技としてのスケボーをしているプロスケーターじゃなくて、とにかく、スケボーの上にいるのが一番落ち着くタイプのスケーターだと思います。デモの映像を見ていても、仕事感がない。

日本にNIKE SBの室内パークができたときにゲストとして、エリック・コストンやガイ・マリアーノといったスケーターと一緒にデモをしたんだけど、アイショッドは、ずーっと滑りっぱなしだったというエピソードがその証拠です。

たまに、デモを仕事としてやっているスケーターがいたりして、それはそれで別に良いんだけど、デモでも楽しんで滑っていると、ファンとしては、純粋に嬉しいんですよね。「自分と地続きの人」という感じがするから。

滑っている映像でも笑顔が多いナイスガイなアイショッドだけど、滑りのスタイルは、めちゃくちゃ獰猛。

フィラデルフィアのLOVEパークで磨いたレッジトリックで、どんなストリートでもトリックをゲットできるし、西海岸に移ってからマスターしたボウルやトランジションも一流。

なのに、スケボーマシーンという感じがしない。アニマル的にトリックを食いつくしていくようなそんなスケーターです。

ファッションも完全にアイショッド流みたいなのがあって、好き嫌い分かれるけど、僕は、めちゃくちゃ好きです。

日本人の僕たちが真似できるようなスタイルではないけど、彼のスケボーに対するアティテュードやスタイルは、参考にできることが多いと思います。

DUNKともBLAZERとも違う履き心地!

いよいよNIKE SB ISHODの履き心地に関してレビューしていこうと思います。

履く前と履いた後の印象が違うシューズです。

ぱっと見ると、DUNK的なのかなという感じがします。

デザイン自体は、バスケットボールシューズに近いし、カップソールっぽいし。

だけど、履くとDUNKとは違うフィット感です。

DUNKは、クラシックなバスケットボールシューズをスケート用にカスタムしています。

足の甲やつま先あたりはゆとりがあるけど、タンとヒールのクッションでそれをカバーして、足にフィットさせています。

ISHODは、形自体が足にフィットするデザインです。なので、つま先は、DUNKのようなゆとりはないです。

カカトや足首周りは、クッション性があって、DUNKに近い感じがします。

これまでNIKE SBで履いてきたモデルだと、つま先周辺は、JANOSKIに近い感じ。でも、足の甲あたりの幅は、JANOSKIほど狭くないです。

ソールは、カップソールに見えるけど、バルカナイズドソール。

バルカナイズドソールなので、ソールは薄くて、デッキフィールをしっかり感じられます。

インソールが、衝撃吸収性が高いリアクトソールなので、普通のバルカナイズドソールより履きやすく、柔らかく、軽いです。しっかりとスケーターのために考えられていますね。

サイドのメッシュは、完全にメッシュ素材なので、通気性めちゃくちゃ高いです。

足のムレは、パフォーマンスを下げると言われているので、この通気性の高さは、スケーターのとって嬉しい機能ですね。

サイズは、いつものサイズを選んで大丈夫です。

つま先が少し細い形だけど、スケートに使用するなら、いつものサイズを選んでなじませれば問題ないと思います。

街履きメインでフィット性より、リラックスを重視するなら、ハーフからワンサイズアップで良いと思います。

NIKE SBの定番シューズと履き比べてみた動画も撮ったので、よかったらチェックしてみてください。

レッドは、スケボーショップ限定!

NIKE SB ISHODは、今回4カラー発売されます。

オリーブ、ブラック、レッド、ホワイトの4色です。

ホワイトは、NIKEオンライン限定カラーとなっていて、Hi5では、オリーブ、レッド、ブラックの3カラーが発売です。

本命はオリーブだと思うんですけど、レッドは、スケートショップ限定カラーとなっています。数がかなり少ないっていうレア感があるし、不良のレッドって感じのレッドスエードなので、ストリートファッションにハマるカラーだと思います。

NIKE SB ISHODの価格と販売方法について

発売は、2022年1月7日 9時から。価格は、税込み12,100円です。

Hi5では、抽選ではなく、優先順での発売になります。

Hi5では、送料無料です!

シグネチャージャケットも出ます!

今回のISHODのシグネチャーシューズに合わせて、シグネチャージャケットも出ます!

ミリタリージャケットをベースにしたストリートスケートに必須の中綿ジャケット。軽くて暖かくて機能性抜群のジャケットです。

襟にフードが収納できたり、ハニカム柄のキルティングなど、デザイン性も高いです。シューズに合わせて、ジャケットも要チェック!

SNSでフォローする