スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

スケボーとジャズ

スケボーとジャズ

どうも!稲垣です。

僕は、スケートボードって、トリックを練習して競い合うだけじゃなくて、色んな要素が複雑に絡み合った文化だと思うんですね。

特に、スケボーと音楽は濃厚に絡み合っています。音楽がこってり豚骨スープなら、スケートボードは、スープが絡みまくる太ちぢれ面って感じ。スケートボードをすくうと音楽も一緒に持ち上がってきます。

なんて語ってはいるけど、僕はそんなに音楽には詳しくなくて、いつも友人からオススメを教えてもらったり、Spotify(スポティファイ)っていう音楽アプリのオススメをサーフしてダウンロードしたりって感じです。

そんな僕が、良い音楽と出会うキッカケになっているのが、スケートボードの映像なんです。

スケートボードの映像には、必ずと言って良いほどBGMが挿入されていますよね。このBGMが、僕の音楽ネタなのです。グッドミュージックは、スケートボードが教えてくれました。

僕はたまにジャズなんていうカッコイイ音楽を聞いたりするんですが、これもスケートボードの映像で聞いたのがキッカケです。

ジャズとスケートボードって、合わなそうで合うんですよ。ジャズがどんな音楽なのか詳しいことは知らないんですけど、ジャズの上下左右に揺れる感じとスケートボードのクルージング感やグラインドの不協和音が合ってるんですよね。

今日は、僕がオススメする「ジャズをBGMにしたスケートボードの映像」を3本紹介します!

 

Eastern Exposure 3 – New York City

名フィルマー Dan Wolf(ダン・ウォルフ)の名作Eastern Exposure 3のニューヨークパート。

マイルス・デイビスの憂鬱なトランペットにニューヨークのストリートスケートがドハマリした最高過ぎるパートです。

 

Mark Gonzales in Video Days

スケートボードの歴史に刻まれた名パート、Blind Video Daysのマーク・ゴンザレスのパート。

曲は、ジョン・コルトレーンのTraneing Inです。

ストリートを好き勝手に自由に滑りつつも、ちゃんとパートして成立してしまうゴンズの滑りとジャズとの組み合わせは最高なのです。制作はスパイク・ジョーンズ、さすがっす。

 

Guy Mariano “Mouse”

GIRL MOUSEのガイ・マリアーノパート。

曲は、ハービー・ハンコック。

ガイ・マリアーノは、いつ見てもスゴイけど、このパートが最強だと思う。

初っ端のスイッチビッグスピンフリップと曲の入りで、一気に引き込まれます。

この曲を普通に聞いても「スケートボードに合いそう」ってならないと思うんですよ。ガイ・マリアーノの滑りの奥深さと編集の妙が合わさって完成した名パートです。

tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする