30代で、たった一人でスケボーを始めるあなたへ

次の5つの悩みのうち、あなたはどれを解消したいですか?

①どのスケボーを買えば良いのか分からない・・・

②どこで買えば良いのか分からない・・・

③一人でもスケボーを楽しめるだろうか・・・

④下手くそな姿を見られたら恥ずかしい・・・

⑤このままスケボーに憧れるだけで、一生スケボーを楽しめなかったらどうしよう・・・

あなたはこのような悩みを感じていますか?

これらはスケボーを始める時に誰しもが感じる悩みです。

特に30代という、仕事や家族に責任を追い始める年齢なら、なおさら悩んでしまうのではないでしょうか?

  • 若い時なら、周りに一緒にスケボーを始める仲間を作りやすいし、
  • 地元のショップにも気兼ねなく入りやすいし、
  • パークに行ってスケボー仲間も増やしやすいし、
  • 若い時なら、転んでも下手くそでも気にせず挑戦する気合と根性があったかもしれないし、
  • まだまだ自分には時間があるという心の余裕もあったでしょう・・・

30代を過ぎるとこんな風には行動できないですよね。でも、これは、全然おかしいことじゃないです。

仕事に支障があったら大変なことになるし、子供や家族のこともある。

10代や20代とは、責任の重みが違います。あなたもきっと責任感を感じながら、毎日を忙しく過ごしていますよね?でも・・・

このまま、好きなことが
できずに死んでしまったら・・・

俺の人生は、このまま仕事と家庭の
責任を果たすだけで終わってしまうのか?

本当は自分のやりたいことを
やったって良いんじゃないか?

こんな風に考えることもありませんか?

子供の頃に映画の中で見たスケートボード。

雑誌で見かけたカッコイイスケーター。

街で見かけた、自由に移動していくスケーター。

心のどこかにスケートボードが引っかかって、気になって仕方がない。

自分もスケボーを楽しみたい。

プロになるとか、地元で有名な上級者になりたいというわけじゃない。

でも、一生に一度はスケボーを楽しみたい。

スケボーに乗っているカッコイイ自分を家族や友人に見せたい。

あなたはこんな風に思いながらインターネットを使ってスケートボードについて調べていた所ですよね?でも・・・

一体どれを買えば良いんだ?

数が多すぎて分からない・・・

かといって、相談できる人もいないし・・・

地元のショップには、若者が集まっていて入りにくいし・・・

そもそもショップがない・・・

と、どうしたら良いか分からなくなっていませんか?そして・・・

いっそのこと、一番安いのを買って、スケボーの雰囲気を味わってみたらどうだろう?

楽しくなければ、それが一番出費が少なくて済みそうだし・・・

と考えていたりしませんか?

だったら、ちょっと待って下さい!

あなたのスケボー選びを僕にサポートさせてください。

tencho-portraitはじめまして、スケボー初心者応援ショップ Hi5(ハイファイブ)店長の稲垣です。

こうやってインターネットを通じてあなたにメッセージを届けることができて、本当に嬉しいです!

あなたが、30歳を過ぎてスケボーを始めようかどうか悩む気持ち、僕にもよく分かります。

スケボーって何を買えば良いのか、右も左も分からないですよね。

僕は二十歳の時に初めてスケボーを買いました。その時にたまたま運良く、ちゃんとしたスケボーを買うことができましたが、一歩間違えていたら、スケボーを楽しむことも、続けることもできなかったでしょう。

僕は、17年以上スケボーを続けてきて、こうやってショップまで経営していますが、地元で有名な上級者でもなければ、プロ並みの実力ってこともありません。

おそらく、「17年続けてきてこんな感じ?」というくらいのスキルです。

でも、僕はそんなの全く気にしていないんですね。

ずっと憧れていたスケボーを生活の一部にできて、

スケートボードカルチャー(音楽、ファッション、アート)を楽しめるセンスを磨くことができて、

人生が本当に楽しくなりました。

トリックにトライして、できないことができるようになる喜びを覚えたり、

他人を尊敬する心も手に入れることができました。

これは、僕が特別な人間だからでしょうか?

いいえ、違います。さっきお伝えしたように、僕のスケボーのスキルは凡人、普通です。そして、あなたと同じ、30代以上の世代。2017年で40歳になりました。

膝や腰が痛くなるから、若い時のように毎日滑れないし、トリックの上達も遅いです。だからこそ、今からスケボーを始めるあなたに伝えられることがあります。

僕は、基本的にはいつも一人でスケボーの練習をしてきましたし、今も一人で楽しむことが多いです。だからこそ、一人でスケボーを始めても、楽しんで続けていけるコツを知っています。

例えば、↓この木の箱。

box

なんだと思いますか?

これは僕の手作りのスケートボード用のセクションです。

↓こんな風に使います。


(動画の一番最初で手作りの箱を使ってトリックをしています。)

プロや上級者は街にあるモノでこういったトリックをやりますが、僕がやるとなかなか成功しないので、すぐにお巡りさんに怒られます。すぐに成功してその場を去ればカッコイイですが、なかなか成功しないと通行人にも迷惑がかかります。

でも、この木の箱のように、自分のやりやすい高さや素材でセクションを作れば、練習しやすいし、小さい成功を積み重ねることができて、スケボーがすごく楽しいんです。

自分で考えて行動すれば、自分のペースで上達していける。誰かと競い合う必要がないスケートボードだからこその楽しみ方です。

もちろん町中をスケボーで移動してトリックを決めることは、最高に楽しいし、スケートボードのコアな部分です。

でも、30代を過ぎれば、中々街中でこういうことってできないですよね?

あなたには守るべき大事な家族や、やるべき仕事がありますからね。

だけど、僕が手作りの箱で楽しんでいるように、30代からスケボーを始めても絶対に楽しむことができます。

ちなみに、この箱の制作費は5,000円くらいで、半日で作りました。こういうDIYもスケートボードライフの楽しみのひとつです。

この手作りの箱は、僕があなたにお伝えできることのごく一部です。僕はブログやメルマガで、ひとりでも楽しみながらスケボーを続けるコツを伝え続けています。ちなみに、メルマガ登録者は、1,880人。ブログや商品紹介の記事数は、900件を超えています。

そのおかげで、僕のショップでスケボーを購入した、お客様からは、こんな声を頂いています。


徳島県美馬市 藤本さんからのメッセージ

hi5でスケボーを買うと言うことは、スケボーをしたことない、もしくは昔やってたけど辞めちゃった人だと思うんですよね。
だから、もし続けれなかったら・・・と不安になると思うんです。
実際自分もそうでしたし。

もしわからない所や聞きたいことがあれば、稲垣さんが親身になって相談に乗ってくれるという所は、他のショップには絶対無いところなので、初心者の方も安心してお買い物出来ると思います!


兵庫県加古川市 Kさんからのメッセージ

稲垣さんのHi5で最初のスケボー買って良かったと私が一番思った事は、孤独を全然苦痛に感じなかったという点でした。

どういう事かと言うと、大体他のどのネット販売店を見てても「スケボー買ったらパーク行って経験者に教えてもらおう。」みたいに書いてありますよね?

今でこそ「そりゃそうだ」と思えますが、オーリーはおろかスケボーに乗るだけでもぎこちない初心者の頃は、下手さを見せたくないのでそんな考えはミジンも起こりません。それにパークが近くにない人が大多数なんじゃ?

そんな感じで大体の人がパークデビューを前に孤独なコソ練をはじめると思います。しかもほとんどの人がオーリーのマスターを目標にすると思います。その練習が一番長い期間を擁すると知らずに・・・。

私の場合はその期間に、稲垣さんのメルマガやブログ、頂いたお手紙等でたくさんの初心者スケーターの情報を見る事ができ、何か競争心(?)みたいなモノがあって一人楽しくコソ練ができました(笑)

多分、他の通販とかで買ってたら、全国の初心者の情報とか入ってこないし、孤独に堪えかねてスケボーに飽きてしまってたかもしれないなと思いました。

そんな私みたいな孤独な初心者スケーターには特に大助かりかもしれません。以上の事以外にもHi5で買って良かったと思う事はありますが一番はこれかなと思います。
それではまた(^-^)b


群馬県邑楽郡 松本さんからのメッセージ

Hi5 いながき様

いつも、メッセージ感謝いたします。とても励みになっています。

稲垣さんのショップを利用することで、初心者にとって一番・・・なことは、

・・・それは、ひとりでもおっさんでも楽しみながらスケートを続けていける=初心者でもリアルなスケーターになることができる=そのためのヒントや道筋を見つけることができる・・・

ということに尽きるのではないかな、と思います。

自分はまさにそうでした。

稲垣さんにお世話になっていなかったら、おそらくここまでスケート続けられていないような気がします。


千葉県館山市 河原さんからのメッセージ

稲垣さん、こんばんは!

hi5でスケートを始めて良かったと思うのは、何と言っても「見ていてくれる」っていう感覚がある事です。
いつも応援してくれている感じ。

稲垣さんはスケート自体はもちろんですが、「スケーター」もすごく好きなんだろうなって思います(^-^)

まわりに仲間が居なくてスケートを始めるのを躊躇している人には心強いと思います。


30代からスケボーを始めるのは、10代や20代とは、全く違った悩みや問題があります。

あなたもその悩みを解決できないまま、情報を探して、このページに辿り着いたという感じではないですか?

でも、もう安心です。僕があなたのその悩みを解決します。

まず僕が今、あなたに伝えたいことは、

スケボーを買うのは少し待って欲しいということです。

すぐにでもスケボーを手に入れて始めたいあなたの気持ちはよく分かりますが、ちょっと待って下さい。

30代の初心者スケーターが抱える、↓これらの5つの悩み

  1. どのスケボーを買えば良いのか分からない・・・
  2. どこで買えば良いのか分からない・・・
  3. 一人でもスケボーを楽しめるだろうか・・・
  4. 下手くそな姿を見られたら恥ずかしい・・・
  5. このままスケボーに憧れるだけで、一生スケボーを楽しめなかったらどうしよう・・・

この悩みの解決法を、あなたにこれから、5回のメールでお伝えさせてください。

5回のメールの内容を簡単に紹介すると・・・


第1回目のメール:「下手くそな姿を見られたくない」

第1回目のメールでは、スケボーを始める時、そして、始めた直後にあなたを悩ませる「下手くそな姿を見られたくない」という悩みを解決する考え方やコツをお伝えします。

この第1回目のメールを読むことであなたは・・・

  • 普通の人間とは全く違う視点や考え方を持って生きているスケーターから認められるために、絶対に知っておかなくてはいけない、スケーターの価値観。
  • YouTubeやビデオで見るプロスケーターのあり得ないトリックの裏側。
  • アメリカのトッププロが語るスケートボードの真実。実は、スケートボードは、トリックを練習しているのではありません。
  • トリックよりも、転び方が上手い方が、スケボーを楽しめる理由とは?
  • スケボーで得ることができる普通の人では絶対に手に入れられない特権。

これらの考え方やコツを知ることができ、スケボーを始める時、そして始めた後でも、「下手くそな姿を見られたくない」と悩むことはなくなり、他のスケーターから認められるカッコイイスケーターになることができます。


第2回目のメール:「一人でもスケボーを楽しめるだろうか?」

第2回目のメールでは、周りに一緒にスケボーを始める人がいないあなたでも、スケボーを長く深く楽しんでいく考え方とコツをお伝えします。

第2回目のメールを読むことであなたは・・・

  • 他者と競い合うスポーツとスケートボードの決定的な違い。
  • 世界一のスノーボードブランドの創業者が語ったスノーボードとスケートボードの共通点とは?
  • 上手いスケーターやカッコイイスケーターとすぐにスケボーをやめてしまう人の違い。
  • 楽しむだけじゃなく、トリックの上を望むなら、一人でスケボーを始めることは、実はラッキーな理由。

これらの秘密を知ることができて、「一人でスケボーを始める」という、悪条件を、一気に逆転して、誰よりもカッコ良くスケボーを楽しめるスケーターになることができます。


第3回目のメール:「このままスケボーをやらずに死んでしまったらどうしよう?」

第3回目のメールでは、仕事や家庭に忙しく過ごしている責任感のある大人のあなただからこそ、スケートボードを始めて楽しむべき本当の理由を知ることができます。

第3回目のメールを読むことであなたは・・・

  • やらない後悔とやってからする後悔。あなたの人生を豊かにするのはどっちか?
  • 看護師が答えた病院のベットで亡くなる人が死の間際にする後悔第1位とは?
  • 焦ってスケボーを始めなくても良い理由。
  • 神がかり的にカッコイイ、60歳を超えてからスケボーを始めたスケーター。

これらのことを知ることで、スケボー選びに失敗する一番の原因「焦り」をなくすことができ、あなたにとって、一番良いタイミングでスケボーを始めることができるようになるでしょう。


第4回目のメール:「どこでスケボーを買えば良いのか?」

第4回目のメールでは、スケボーを手に入れるいくつかの選択肢。それから、そのメリットとデメリットをお伝えします。

第4回目のメールを読むことであなたは・・・

  • 僕が運良く高品質なスケボーを手に入れることができたのに、購入したショップでは、その後2度と買い物しなかった理由。
  • 大型量販店や全国チェーン店でスケボーを買った時のメリットとデメリット。
  • スケートボード専門のプロショップでスケボーを買った時のメリットとデメリット。
  • アマゾンでスケボーを買った時のメリットとデメリット。
  • ネットショップでスケボーを買った時のメリットとデメリット。

これらのメリットとデメリットを知ることができます。そして、スケボーの購入を誰に相談することもできずに悩んでいたあなたでも、失敗せずにスケボーを購入することができます。


第5回目のメール:「何を買えば良いのか?」

第5回目のメールでは、どんなスケボーを買えば、スケートライフを楽しむことができるのか、スケボーの具体的な選び方をお伝えします。

第5回目のメールを読むことであなたは・・・

  • 自分にピッタリのデッキを探し始めると、何も選べないのはなぜなのか?
  • 楽しみながら選んでOKなデッキ。それでもある部分のサイズに関しては、絶対に知っておいてください。5回目のメールでそのサイズについて知ることができます。
  • プロや上級者がデッキ(板)よりもこだわるトラックについて。トラック選びを間違えると、スケートボードは全然楽しくありません。
  • 初心者が選ぶべきウィール(タイヤ)のサイズと硬さについて。これを知っておけば、あなたのスケートボードはどんな場所でもスムーズに滑るはずです。
  • スケートボードのスピードを決めるベアリングについて、ほとんどの人がしている間違いとは?ベアリングが、速ければ良いということではない理由と初心者が選ぶべきベアリングについて。
  • スケボーを始めないと分からない、選んでOKなブランドのリスト。このリストがあれば、インターネット通販でスケボーを買う時におかしなモノを買ってしまうことは、100%なくなります。

これらの最初のスケボーを選ぶ時に、絶対に知っておかなくてはいけないことを知ることができます。これで、あなたは最初のスケボー選びに失敗することはなくなるでしょう。


以上、この5回のメールを読んで頂ければ、あなたの悩みは解消されますし、あなたのスケートライフを楽しくするために必要な情報を必ず得ることができます。

スケボーを買うのはそれからでも遅くないと思いませんか?

登録はもちろん無料です。メールの内容が気に入らなければ、ワンクリックで登録解除できます。

ただし、誰でも登録できるというワケではありません。条件が2つあります。

まず一つ目は、30歳以上であること。そして・・・

すでに、スケボーのことを相談できる友人、知人、家族がいたり、近くにショップがあるという人は、登録をお断りしています。

なぜこのような条件を付けているかというと・・・

5回のメールでは、質問やコメントも受け付けます。その時に、本当に困っている人、悩んでいる人を優先的に、そして手抜きなしで、サポートしたいと思っているからです。ご理解頂けると嬉しいです。

登録方法は、とても簡単です。下のフォームに、メールアドレスとお名前を入力して、必要項目にチェックを入れて、「送信ボタン」をクリックするだけ、10秒で完了です。

登録後、5回に分けて僕からメールをお送りします。僕からのメールは、30歳以上のスケーターをあらわす、【30オーバースケーター】という件名でお届けするので、【30オーバースケーター】という件名がメールボックスにあったら、すぐに必ずチェックしてくださいね。

あなたのスケートライフが最高に楽しくなるように応援しています!

あなたの年齢は30歳以上ですか?
すでに相談できる人やショップはいませんか?