スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

スケボートラックの曲がり具合の調整

スケボー 初心者 トラック スケートボード 通販 スケボートラックの曲がり具合の調整

スケボー スケートボード トラック ブッシュゴム 調整

スケートボードは、やる気と勢いだけでも上手くなるし、楽しい遊びです。

でも、トリックのひとつひとつは、とても繊細。微妙なズレが失敗につながることもあります。なので、たまにはスケボーのパーツの調整をしてやるのも大事です。

今日は、「スケボートラックの曲がり具合の調整」です。

曲がり具合は、オーリーよりも大事

ストリートスケートと言えば、「オーリー」。いわゆるジャンプすることですね。スケボーを手に入れたとなれば、とにかくオーリーをマスターしなくては!という気持ち、とても分かります。

でも、正確なオーリーのためには、スケボートラックの曲がり具合はとても大切です。動かずに、その場でオーリーするだけであれば、トラックの調整などは必要ないかもしれません。でも、オーリーは、移動しながらするトリック。自分の行きたい方向に向かえないと、正確なオーリーも、オーリーの先にあるスライドやグラインドといったトリックも、出来るようになりません。

スケボートラックの曲がり具合というのは、スケートボードの楽しさを追求するためには、とても大事なメンテナンスなのです。アメリカのプロは、デッキはこだわらないけど、トラックにはこだわるという人が多いそうです。

まずは気持ち良く移動出来ることが、ストリートスケートボードの基本です。

それでは、スケボーのトラックの調整をしていきましょう。

締めれば曲がりにくく、緩めれば曲がりやすい。

スケボートラックの曲がり具合を調整する時は、大きく分けて、2通りの方法があります。

(1)トラックのゴムパーツを交換する。
(2)キングピンナットを締めたり、緩めたりして、調整する。

この2つです。今回は、(2)の方法を紹介します。

キングピンナットとは、どこの部分かというと、

スケボー トラック スケートボード パーツ メンテナンス 曲がり具合調整

上の図の矢印が指し示している部分を、キングピンナットといいます。このキングピンナットを締めたり、緩めたりするとスケボーの曲がり具合が変わります。ちなみに、トラックのパーツ一覧は、下の図を確認して下さい。

スケボー トラック スケートボード 通販 トラックパーツ一覧

いくつものパーツに分解出来るのですが、今回の調整に関わってくるのは、

(1)キングピンナット
(2)コーンブッシュ
(3)ブッシュ

の3つです。コーンブッシュとブッシュは、ゴム素材です。この2つのブッシュにスケーターの体重移動が伝わって、スケボーは曲がることが出来るのです。なので、

「ブッシュが硬くなると曲がりにくくなり、ブッシュが柔らかいと曲がりやすくなる。」

ということなのです。その調整をキングピンナットの締め付けで調整するということになります。

キングピンナットを締める → ブッシュが硬くなる → スケボーは曲がりにくくなる
キングピンナットを緩める → ブッシュが柔らかくなる → スケボーは曲がりやすくなる

ということになるのです。

次は実際に、キングピンナットを締めたり、緩めたりしてみましょう。

キングピンナットで調整してみた。

ここでは、Hi5店長 稲垣のスケボーを使って調整していこうと思います。

まずは、何も調整していない状態のトラック。

こんな感じ。ギュッギュッと音がしているのは、ブッシュゴムがこすれている音です。乗っていると気づきませんが、こんな音がしているんですね。

では、まず、曲がりにくいセッティングにしてみます。曲がりにくくするときは、キングピンナットを締めます。

この動画のような感じで締めていきます。

締めたあとのキングピンナットは、↓こんな感じ。
スケボー トラック スケートボード 通販 硬めに調整

では、トラックがどんな感じになっているのか見てみましょう。

どうですか?調整していない時よりも、かなり動きが少ないと思います。これは、同じ体重を載せたとしても、締める前よりも、曲がりにくくなっている状態です。

次に、曲がりやすいセッティングにしてみます。曲がりやすくするときは、キングピンナットを緩めます。

緩めた状態のキングピンナットを見てみましょう。

スケボー トラック スケートボード 通販 柔らかめに調整

緩める時の注意点としては、緩めすぎると、滑っている途中にキングピンナットが外れてしまう場合がありますので、緩めすぎに注意しましょう。キングピンナットの調整で、求める柔らかさにならない時は、コーンブッシュとブッシュを柔らかいものに交換すると良いと思います。

では、キングピンナットを緩めた場合のトラックの状態を見てみましょう。

かなり動きが大きくなりましたね。少ない体重移動でも、スケボーが曲がりやすくなっている状態です。

以上が、キングピンナットを締めたり、緩めたりして、スケボーの曲がり具合を調整する方法です。

曲がりやすいほうが良いのか?曲がりにくいほうが良いのか?どちらでしょうか。

スケボートラックのセッティングは、お好みで。

曲がりやすいほうが良いのか?曲がりにくいほうが良いのか?

これは、ハッキリ言って、完全に”好み”です。体重や身長も関係してきますし、目指すスタイルによっても好みが別れる所です。

ただ、トラックはデッキに比べて消耗が少ないパーツなので、頻繁に変えることがありません。なので、ひとつのトラックで色々と調整してみて、自分が気持ち良く滑れるセッティングを見つけるのが良いと思います。

僕は、以下の2つを基準にして、たまにキングピンナットを調整しています。

・行きたい方向にスムーズに行けるか。
・オーリーの時にぐらついて、タイミングが狂ったりしないか。

楽しいストリートスケートボードのためには、スケボートラックの調整は欠かせません。ぜひ、時間をみつけて色々と試してみて下さいね。

みなさんのスケートボードライフが楽しくなることを願っています。ありがとうございます!

追伸

あなたが、バシバシトリックを決めてるなら良いんだけど、
もしも、↓こんな風に感じているなら、

  • 最近、スケボーの乗り心地が良くない・・・
  • 自分が思った方向に曲がったり、進んだりできない・・・
  • オーリーの時のテールの弾きがイマイチ・・・
  • スケボーが重たく感じる・・・

デッキやウィールよりも、トラックを変えてみると良いかも。

詳しくは、「スケボーのトラックの選び方」をチェックしてみてください!

スケボーのトラックの選び方は、こちら→ https://hi5sk8.net/how-to-choose-skateboard-trucks/

tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA