スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

ANTIHEROとGIRLのイケない関係

ANTIHEROとGIRLのイケない関係

どうも!稲垣です。

僕がスケートボードを始めたキッカケになったのがGIRLというスケートボードカンパニーなので、ブログでもGIRLや兄弟ブランドのCHOCOLATEの話題が多くなってしまうんですが、GIRL以外にも大好きなチームやブランドが沢山あります。

中でも、ANTIHERO(アンタイヒーロー)は、僕の中では外せないブランドといいますか、スケーターならやっぱり、ANTIHEROのアティチュードをちょっとは持っていたいと思っています。

ザ・クロマニヨンズっていうバンドのボーカリスト甲本ヒロトさんが、THE BLUE HEARTS時代に「ダメならダメなほど輝くこともある」っていうようなことを言っていたことがあって、中学生の時にこの言葉にメチャクチャ心動いた記憶があります。

ANTIHEROの価値観って、甲本ヒロトさんのこの言葉と同じだと思うんですよね。具体的にどんなことかっていうと、なかなか思い浮かばないんだけど、「本当に悪いのはどっちなん?」っていう問いを自分の中に持っていることって大事だと思います。

絶対的な正義というものも、常識っていうものもこの世にはなくて、単なる思い込みなので、僕は、「楽しい」とか「好きなこと」を基準にしていた方が良いと思う派です。

かといって、普通に生きてたらバランスを取らなきゃいけないことの連続です。職場、学校、家庭では、それなりにちゃんとしていないといけない。きっとあなたも本音をグッとこらえる時があると思います。

だけど、スケートボードは、こらえなくて良いんですよ。好きにやって良い。下手でも良いし、上手ければなお良い。できるヤツはメチャクチャカッコイイし、コケてるヤツは一番カッコイイ。

ANTIHEROって、そういうスケートボードの純粋な部分をいっつもやらかしているようなチームなんですね。

そんで、その昔、ANTIHEROとGIRLが一緒にツアーをするっていう企画があって、3回くらいツアーやってDVDも出しています。

タイトルが、BEAUTY BEAST。美女と野獣。美女がGIRLでBEASTがANTIHERO。

一見、似合わなそうな2人。そんなのが実は凄かったりするんですよ・・・。

BEAUTY BEASTツアーは、ツアーの様子をGIRL編集とANTIHERO編集の2バージョン発売するっていうのも面白かった。またこういうのやってほしい!

↓これはBEAUTY BEASTツアー3のANTIHERO編集版。結局、野獣しかいないっていうね。

ANTIHEROのアイテム一覧ページへ

tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする