スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

お気に入りをぶっ壊せ!

どうも!稲垣です。

あのさ、スケーターってちょっと頭おかしいと思わない?

それとも頭がおかしいからスケーターになるのか?

俺の知ってるスケーターでも、ちょっとおかしい人が多いしな。

なんなの?スケーターって。

って、別にスケーターを悪く言ってるんじゃないぜ。

むしろ、褒めてる。尊敬してる。

俺にとっての「頭おかしい」は褒め言葉だ。

昔、THE BLUE HEARTSというバンドのライブ映像をテレビで初めて見た時。

俺はこう思った。

「メチャクチャカッコイイ!」

と。一方、俺の母ちゃんは、こう言った。

「頭おかしい人?」

と。その時、俺は大事なことを知った。それは、

「メチャクチャカッコイイこと」と「頭おかしい」は、同時に存在するものなんだと。

でね、スケーターの行動でおかしいのが、お気に入りのデッキをボロボロにして喜んでいるところ。

あーでもない、こーでもないって言いながら、お気に入りのデッキをゲットしたはずなのに、その日のうちにスライドやら何やらで、ボロボロにしてんの。

「このグラフィックヤバイ!」

とか言ってたのにだよ。ボロボロにするんだったら、どれでも一緒じゃんって思うよね。

ちょっと頭おかしいでしょ。

でも、それがカッコイイんだよなぁ。

初心者の時なんて、

「俺も早くデッキをボロボロにしたい!」

とか思ってるんだぜ。普通に考えたらアホだよね。

でも、それがカッコイイんだよ。ボロボロのデッキを持ってる自分が好きなんだよ。

お気に入りをぶっ壊すスケーターって、マジでカッコイイ。

もしも、あなたがデッキを大切に大切に扱ってるなら、思い切ってキズが付くようなトリックにトライしてみようぜ。

ピカピカだったデッキに付いた一筋のキズが、あなたの中に眠っているスケーター魂を目覚めさせるかもしれないからね。

スケーターだったら、お気に入りをぶっ壊そう!


===今週のメルマガ===

ここで、今週のメルマガのお知らせです。

9月5日(金)発行のメルマガでは、

  • キックフリップで高さを出すために、絶対に必要なこと。
  • Hi5はスポンサーになってくれるのか?
  • スケボーのおかげで痛快なオッサンになれた話
  • 履き心地を味わうと、それしか履けなくなってしまうパンツ

といった内容をお送りします。

あなたのスケーターライフに役立つ内容になっているので、
今すぐ下のリンクをクリックして、メルマガに登録してみてください。登録はメールアドレスを入力するだけ、5秒で終わります。

メルマガ登録はこちら→ https://hi5sk8.net/mailmagazine/

あなたのスケーターライフを応援しています!

最後まで読んでくれてありがとうございます!

tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA