スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

ミスターCHOCOLATEって言えば、Chico Brenes(チコ・ブレネス)だよね。

ミスターCHOCOLATEって言えば、Chico Brenes(チコ・ブレネス)だよね。

どうも!稲垣です。

CHOCOLATE SKATEBOARDS(チョコレート スケートボード)は、来年で25周年を迎える歴史あるスケートボードブランドです。

「歴史があるからなんなの?」

って感じもするんですけど、スケートボードってけっこう流行り廃りが激しいし、今では、それなりにビジネスになりそうな雰囲気があるけど、一時期は、「スケボーで食うのは不可能」とまで言われるくらい厳しい業界だったんです。

僕も、「スケボーショップやってます」って言うと、「他にもバイトしたりしながらでしょ?」と聞かれることが多いです。おかげさまで僕はスケボーショップだけで生計を立ててはいますが、聞いた人からすると、やっぱり「スケボーでは食えない」と思っているということなんですよね。

まあ、そんな厳しいスケートボード業界で25年やってきたCHOCOLATEって、やっぱりすげえぞってことなんですが、ライダーは、ちょくちょく入れ替わってます。

他のチームに移ったり、引退しちゃったり、クビを言い渡されたり、死んじゃったり。ライダーがチームを去る理由は色々です。

だけど、CHOCOLATEには、チーム結成から25年、ずーっと在籍しているライダーがいます。

CHOCOLATE チョコレート Chico Brenes チコ・ブレネス

Chico Brenes(チコ・ブレネス)というスケーターです!彼こそ、ミスターCHOCOLATEですね。

チコ・ブレネスは、今のストリートスケートの土台を作り上げたスケーターの1人といっても過言ではないスケーターで、影響を受けた人は世界中に沢山いると思います。僕もその1人です。

チコ・ブレネスは、ニカラグア出身。ニカラグアは、そんなに豊かな国ではなくて、アメリカへ渡って成功することがすごく大きなことだったりするそうです。プロスケーターとして成功したチコ・ブレネスは、ニカラグアでは英雄扱いです。

南米では、チコ・ブレネスの得意技バックサイド・ノーリーヒールフリップを、チコフリップと言うほど、人気があるスケーターです。

↓これは、チコ・ブレネスとCHOCOLATEのチームメイトであるジャスティン・エルドリッジとヨニー・クルズ、GIRLのタイラー・パチェコがニカラグアツアーに行ったときの映像。

若手と一緒に滑るチコ・ブレネスがすごく楽しそう。

チコ・ブレネスの滑りの特徴は、流れるようにトリックをつなげていくスムーズさ。

顔のイメージからだともっとイカツイ滑りをしそうなんですけど、めちゃくちゃキレイな滑りをするスケーターです。ノーリーヒールは、ホント惚れ惚れするほど軽くてキレイです。

最近のチコ・ブレネスは、BIG BOYっていう太くて長いシェイプのデッキがお気に入りなようです。

どんなデッキでもスムーズさは変わりません。さすが!

チコ・ブレネスは、今年42歳になるベテラン。でも、これからも滑り続けて、世のオッサンスケーターを勇気づけて欲しいです。

もう少しでバレンタインってことで、スケボーショップHi5では、バレンタインデーキャンペーンを開催中です。

今日紹介したチコ・ブレネスが所属するCHOCOLATEのデッキが、20%オフでゲットできるキャンペーンです。ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね。

2月14日までバレンタインキャンペーン CHOCOLATEデッキ20%オフ!

tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする