スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

ER MAGAZINE

ER MAGAZINE マガジン スケボー スケートボード 雑誌 日本 国内

こんにちは!稲垣です。

Hi5 Skateboardingへようこそ。インターネットでこうやってあなたと繋がれて本当に嬉しいです。

インターネットってマジで便利で、あなたも色んな使い方をしていると思うんだけど、情報収集にも使ってる?

昔(僕が10代の頃)なんて、情報収集っていえば、テレビか雑誌しかなくて、女子にモテるために、ファッション雑誌を片っ端から読み漁ってたんだけど、最近は、やっぱりインターネットで情報収集するっていうのが一般的だよね。

スケボーの情報っていうことになると、有名所のスケボー雑誌のオンライン版やブランドのホームページ、スケーターのブログをチェックすると、かなりの量の情報が、毎日、リアルタイムで手に入る。

でもさ、スケボーの情報に限らず、インターネットで手に入る情報って、少し信じられない、胡散臭い情報もあるよね。

それにくらべて、情報源として、一番信頼出来るのって何かっていうと、

「クチコミ」じゃない?

それも、信頼出来る友達からのクチコミ。

・あそこのラーメンは美味かったよ。
・あの店、明日からセールするんだって。
・来週、新しい商品が発売されるらしいよ。
・あそこの店員可愛かったよ。

みたいな情報を、インターネットや雑誌やテレビで聞いたり見たりするよりも、友達から教えてもらうと、

「え、マジで?」

って感じで、信じることが多くない?

それはさ、やっぱりその友達を信頼しているから、その友達が教えてくれる情報を信じられるってことだと思う。

じゃあさ、スケボーの情報で、一番信頼出来るのって、誰からの情報かな?特に、ストリートで起きてる出来事の情報を知ろうと思ったら、誰に聞くのが一番だと思う?

答えは、

ストリートスケーター。

色んなメディアが、インターネットで誰でも手に入れることが出来る情報を、まるで自分のもののように発信しているけど、ストリートでリアルタイムで起きてるスケートボードの出来事は、やっぱり、ストリートスケーターしか発信出来ないんだよね。

インターネットで手に入るスケボーの情報の中心は、どうしてもアメリカの情報になってしまいがち。それはそれで、面白いし、ワクワクするんだけど、自分が住む街のスケボーはどんな感じなんだろう?もっと現実味があるスケボーを知ることは出来ないかな。

日本のストリートスケーターが、何を考え、どんな風にスケボーを楽しんでいるのか、気にならない?一体、どんな場所で、どんなトリックを決めているんだろう?って知りたくない?

日本のストリートスケートを知って、感じることが出来る雑誌が、このページで紹介する、「ER MAGAZINE(イーアール マガジン)」。

「ER」という名前の由来は、「SKATER」「PAINTER」「RAPPER」等「~している人達」の語尾につく「ER」から。

国内のスケーターのインタビュー、地方都市のスケートシーンの紹介、プロ、マチュアを問わず収められたスケート写真。

どれも、本当にストリートで活動しているスケーターが集めた情報、出来事、ニュースばかり。

ER MAGAZINEは、まさに「友達からのクチコミ」です。


商品情報

ER MAGAZINE マガジン スケボー スケートボード 雑誌 日本 国内 08号

タイトル ER MAGAZINE(イーアール マガジン)
サイズ 縦275mm × 幅205mm(A4変形)
価格 500円

GO! Skate.

最後まで読んでくれて、ありがとう!

ERを出版しているのは、関西を中心に活動している、TIGHTBOOTH PRODUCTION(タイトブース プロダクション)

TIGHTBOOTH PRODUCTIONは、頑固にストリートスケートを発信する男気溢れるチームです。実際に、自分達もストリートでスケートし続けている本物のスケートボードメディア。

ER MAGAZINEは、「スケートボードって本当に街でやるんだなー」って実感出来る雑誌です。

ひとりで孤独にオーリーの練習をしているあなた。
ストリートでオーリーなんて、まだまだ無理って思っているあなた。

あなたも、「街を変えられる乗り物」に乗っています。変化を恐れずに、誰かと違うことを恐れずに、街へ出かけてみましょう。

あなたのスケーターライフを、マジで応援しています!

ありがとうございます!

Around the City:仙台特集(丸山晋太郎、菊地祥太、日野誠、橋本瞬)

Skater Interview:飯田明弘 from 京都

Illustrator:SADAM from 仙台

Tatoo Artist:HIRO from 仙台

Never For Get:AKIRA TAKATA from 神戸

Photo Gallery:SHINSAKU, WADAPP, HIROTA, NORI, DEIB, HASE-P & MARIMO

Shop Report:FAMY from 福岡

Blue corner:SHIN SANBONGI from 湘南

cart-in-soldout
スケボー初心者だけど、何を買えばいいのか分からないから、店長にお任せしたい人は、こちら。
tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA