スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

座ったままオーリーの練習をする方法

オーリー 練習 コツ スケボー初心者

どうも!稲垣です。

スケボー楽しんでる?

初心者の頃は、オーリーなんてできないし、「何もできない」っていうのが恥ずかしくて、パークやスポットに行けないっていうスケーターが多いと思うんだけど、あなたはどうかな?

俺なんてマジで根性ナシだったから、ずっと一人で滑ってたよ。

そのうち、ある程度オーリーができるようになって、上級者とも滑れるようになったけど、一人で滑っていた時間がそんなにイヤだったかというと、そうでもない。

「絶対に上手くなってやる!」

「オーリーさえできれば俺だってパークで滑れる!」

って感じで、トリックに集中できたって意味では、良い時間だったと思うんだよね。

だからさ、もしもあなたが、昔の俺のように一人で近所の空き地や公園でオーリーの練習をしていて、少し寂しい思いをしていたり、自分をダメだと思ったりしているなら、もうそんな風に思わなくてもOK.

続けていれば良いスケボー仲間に出会えると思うし、一人でオーリーやチクタクの練習をして、スキルアップを目指すのって、仲間とワイワイやってるだけで、全然練習しないスケーターよりも、100倍カッコイイことだからさ。

楽しみながらスケボー続けていきましょう!

ところで、今日は、オーリーのコツをなかなか掴めないというあなたのために、絶対にケガをしない、怖くないオーリーの練習方法を教えます。

それは、座ったままオーリーの練習!

オーリーの難しさっていうのは、大きく分けて2つあると思います。

  1. 足の動き
  2. 自分自身がちゃんと飛ぶこと

この2つを同時にやるっていうのが、オーリーの難しさなんだよね。しかも転ぶと痛いっていう恐怖心とも戦わないといけない。

座ってオーリーをすることで、転ぶ心配がなくなるし、常に体を浮かした状態を維持できるので、オーリー足の動きを覚えるにはもってこいの練習方法です。

何かに捕まって練習するという方法に似ているけど、俺は、座ったままオーリーの方が、実際のオーリーに近い感覚なので、オススメです。

やり方は、超簡単。

オーリー 練習 コツ スケボー初心者

↑こんな感じで、腰掛けて、オーリーをするだけ。ここで注意したいのは、座る高さ。

高過ぎるとデッキをちゃんと弾けないし、低すぎるとキレイなオーリーの形が作れません。

自分の股下と同じくらいの高さが一番やりやすいし、実際のオーリーに近い感覚で練習できると思うよ。

実際に俺がやってみたところを撮影してみたので、早速チェックしてみてください。

どうだった?

これだったら、オーリーに恐怖心があっても、オーリーの足の動きをじっくり、しかも何回も練習できるよね。

映像の中では、ショービット、ヒールフリップ、キックフリップもやってみました。

俺はヒールフリップが苦手で、実際にやるとほとんど成功しないんだけど、この練習方法だと思い切って練習できます。

映像の途中でヒールフリップを失敗して、デッキが縦になってしまったんだけど、座っているから全然平気。あれが、本当に失敗していたら、けっこう危ない失敗だったね。

座ったままオーリーの練習は、オーリー以外のトリックの練習にも活かせます。

しかも、ちょっとしたスペースでできるから、時間がないときや、天気が悪いときにも、空き時間やちょっとしたスペースでもできる練習方法です。

あなたのオーリーの上達に必ず役立つので、ぜひ試してみてください。

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます!

あなたのスケーターライフを応援しています!

稲垣より

スケボー初心者だけど、何を買えばいいのか分からないから、店長にお任せしたい人は、こちら。
tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA