お知らせ

ブログカテゴリ

アイテムカテゴリ

ブランド

ご案内

スケボー・スケートボード通販ショップ
スケボー初心者を応援しています!


076-456-7851

 

「注文したけど確認メールが届かない!」という場合は、お電話 076-456-7851(14〜19時)か、LINEでお問い合わせくださいm(_ _)m

友だち追加

Hi5のLINEアカウントができました!お問合わせはLINEからでもOKです!

商品カテゴリ一覧

スケボー初心者にとって8インチのデッキは、太すぎるのか?

スケボー初心者にとって8インチのデッキは、太すぎるのか?

スケボー初心者, やる気アップコラム

どうも!稲垣です。

3月に入って、「スケボー始めたいんです!」っていう人からのご注文や問い合わせが増えています。ありがとうございます!

そんで、問い合わせの中で多いのが、デッキの選び方に関して。

特にサイズ選びに悩む人が多いみたいです。

そんでそんで、サイズ選びの中でも多いのが、

「8インチとか、それ以上のサイズは初心者には向いていませんか?」

という質問が多いです。

なので、今日は、

スケボー初心者にとって8インチのデッキは、太すぎるのか?

ってことについて、このブログでお答えしようと思いますよー。

結論から言うと、8インチ、選んで良いっす。

だけど、8インチを選ぶと乗りにくくなる人もいるので、そっちを先にお伝えします!

 

スケボー初心者で、8インチを選ばないほうが良い人

個人的には、デッキは、自分がカッコイイと思ったデザインやスケーターのデッキを選んでおけば、それでOK!ってタイプなんですけど、初心者の時には、そんなワケにもいかないですよね。

8インチっていうのは、デッキのサイズとしてはどうなのかっていうと、太めといえば、太めです。

なので、身長が170cm以下の人は、8インチより小さいサイズを選んだほうが、トリックがやりやすいのかなぁと思います。

女性やキッズなど、力が弱いスケーターの場合は、7.75インチ以下が良いですね。

逆に、身長170cm以上の人の場合。気に入ったデザインがあったら、8インチ以上のデッキは、積極的に選んで良いと思います。その理由は・・・

 

スケボー初心者の時から8インチのデッキに乗れると、選択肢が広がるぞ!

もしも、あなたが身長170cm以上だったら、8インチのデッキを積極的に選んでいくと良い理由があって、それは、

デッキの選択肢が広がるから

です。

最近は、どのブランドも8インチ以上が主流です。逆に、7インチ台のデッキを探そうとすると、かなり絞り込まれてきます。

日本向けに細めのサイズを展開してくれるブランドもあるけど、そうじゃない場合のほうが多いです。

なので、これから、スケボーを続けていく時に、8インチ以上のデッキを使えたら、ブランドやデザインの選択肢が広がりますよー。

 

スケボー初心者にとって、8インチってそんなにデカイの?

8インチは、僕たちアラフォー世代からすると、太いサイズになるんですね。僕が20代の時は、7.5インチとかで滑ってましたから。

最近では、みんなどんどん太いサイズに慣れてきていて、8インチだと普通。8.1インチくらいで丁度いいっていう雰囲気があります。

ランプやボウルを滑るスケーターだと、8.5インチ以上でも普通って感じです。

なので、今の雰囲気だと8インチは、そんなに太いサイズではないですね。

「え!初心者で8インチ!?ありえない!」っていうことはないので、もしも気に入ったデザインが8インチだったとしても、選んでも全然OKです(^^)

 

スケボー初心者だとしても、サイズよりもカッコイイを大事にしようぜ!

こないだお店に来てくれたスケーターはこんな風に話していました。

「サイズで悩むよりも、スタイルを磨いたほうが良いよね。」

と。

ホントにそう思います。

スケボーを続けていくと、デッキのサイズ、形、素材にこだわる時期ってあるんです。

いかに軽くするか?とか、いかにトリックをやりやすくするか?にこだわりたくなる。

これ自体は悪いことでもなんでもなくて、スケボーの知識が深まる時期でもあるし、トリックの研究もするから、良いことです。

だけど、いくら道具にこだわっても、滑ること以外にトリックが上手くなる方法ってないんですよね。

初心者のときならなおさら、道具にこだわるよりも、1時間でも1分でも、長く滑ることのほうが大切です。

スケボーって、やってみると分かるんですけど、難しい。

「こんなにできないなんてウソでしょ・・・」

と自己嫌悪になるくらい難しいトリックもあります。

そんな難しいことを続けていく時には、自分で楽しさを見つけたり、作っていくことが超重要です。

  • 「このデッキだったら、最短で上達できるか?」
  • 「このスケボーは、選んで正解なのか?」

っていうことよりも、

  • 「このデッキ、カッコイイ!」
  • 「このブランドのスタイル、自分好み!」
  • 「このスケーターみたいになりたい!」

っていう感覚でデッキを選んで、その初期衝動ををいかに保っていくかのほうが大切です。

昔、甲本ヒロトっていうロックの人が、

「ロックンローラーが一番ロックしているのは、ギターで初めてコードを弾いた時だったり、学校の掃除の時間に、ホウキをギターに見立ててジャカジャカやっていた時なんだ。誰でもそこから、少しずつロックンローラーじゃなくなっていく。大切なのは、どれだけ最初の衝動を保っていけるかってことなんだ」

っていうようなことを言ってました。(うろ覚えですけど、意味的には合ってると思います)

僕は、スケートボードも同じなんじゃないかなぁと思ってます。

「スケボーやりてぇ!」

っていう最初の衝動をいかになくさずにいられるか?

そのための一番簡単な方法が、カッコイイと思うデッキを選ぶ

だと、僕は思っているので、迷っている人には、

「サイズより、カッコイイと思ったほうを選んだほうが良いぞー」

とアドバイスしています。

インターネットでスケボーを買おうとすると、どうしても、品質、価格、送料、お届け日で比較しちゃうと思うし、そういうのも大事だと思うんですけど、

買い物として正解なことが、スケートボードとして正解とは限らないんですよね。

ショップのカタログページをジロジロ見るよりも、YouTubeで沢山のスケボーの映像を見てみたり、近くのパークに行ってスケーターが滑っているのを見てみたほうが、きっとあなたのスケートライフにとって大切なことが見つかると思います。

太めのデッキ一覧ページへ

今日は以上です。最後までありがとうございます!

30代から、たった一人でスケボーを始めるあなたへ

もしもあなたが、これからスケボーを始める30代以上の人なら、ちょっとだけ時間をとって、このページ→https://hi5sk8.net/30overskater/を読んでみて下さい。

Hi5が初めてというあなたにオススメの10記事

友だち追加
Hi5のLINEアカウントができました!
ブログの更新やアイテムの最新情報、LINEでしか話さないことなどをお届けしています。商品やご注文のお問合わせはLINEからでもOKです!