スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

LAKAI TOP TABLE TALENT 関西地区予選

LAKAI TOP TABLE TALENT 関西地区予選

こんにちは!稲垣です。

スケーターの中には、「俺はパークでは滑らん!ストリート命や!」っていう人もいるんだけど、あなたはどう?

「そもそもパークに行っても何も出来ない。」っていう場合もあるかもしれないよね。僕も、パークに行ってもパーク独自のセクションはほとんど使わないで、結局、カーブボックスでストリートのトリックを延々とやってたりするんだよね。

ストリートで生まれたスケボーだから、本当に楽しめる場所は、ストリート。大事な考えだよね。

でもさ、スケボーの大会やコンテストって、パークで行われることがほとんど。なんだかスケボーの大会って、スケボーの魅力がなくなっちゃうんじゃない?なんて思ったりもするけど、そんなこと全然ないよ。

スケボーの大会って、制限時間などのルールはあるんだけど、一般的なスポーツの大会なんかとは全然違って、とにかく「会場を驚かせてやろう!」っていうマインドが溢れかえってる。パークにあるセクションをあり得ないトリックで使ったり、「そっち飛ぶかー?」みたいなことをするスケーターがいたり、トリックよりもパフォーマンスやスタイルで魅せるスケーターがいたりするからね。

つまり、「沸かせた者勝ち」だったりする。しかも最終的に、ポイントがどうとかってよりも、自分が決めたいと思っていたトリックを決めて帰るっていう感じ。

大会に出ている上級者スケーターもあなたも、いつも孤独にスケボーと向き合って努力している。大会に勝つためにスケートしているって言うよりも、スケートを楽しんでいる途中に大会があるって感じかもしれない。

もしかしたら、ひとりでオーリーの練習を繰り返しているだけで、「これが一体に何になるんだ?」って思うときもあるかもしれない。でもさ、その時間を体験していないと、自分も自分以外のスケーターも認めることが出来ないんだよね。

自分が出来て、他人が出来ないこと。
他人が出来て、自分が出来ないこと。

どっちも認められるのが、スケボーの素晴らしいところだと思います。

出来ない自分をしっかりと感じることも、スケボーにとって大事なことかもね。

ところで、

NEWSページで報告を続けている、スケートボードシューズブランドLAKAIの全国大会「LAKAI TOP TABLE TALENT」の関西大会が開催されました。

今回も、ハイレベルなトリックがバシバシ決まっていたみたいだよ。

しかもLAKAI TOP TABLE TALENTは、ある意味ストリートの大会って感じ。使うセクションは、ピクニックテーブル1台だけ。これをどんな風に使うかは、自由。今回もテーブルをオーリーで飛び越えるスケーターがいました。オーリーというトリックの人気度がうかがえますね。

大会の様子は、下の映像をチェックしてみてね!

次回のLAKAI TOP TABLE TALENTは東京大会です。

ストリートスケートの楽しさに関して書いたコラム、「どうしてストリートスケートが楽しいの?」も良かったら読んでみてね。
どうしてストリートスケートが楽しいの?のページはこちら==> https://hi5sk8.net/?p=9834

tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA