スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

REALのZion Wright(ザイオン・ライト)がプロに昇格!!

どうも!稲垣です。

「スケートボードを仕事にすることができたら」

こんな風に考えているスケーターは沢山いると思います。

しかも、片手間ではなくて、スケートボードに乗って滑ることだけを仕事にして生きることができたら。

そんな最高の人生をあなただったらどんな風にスタートしますか?

日本では、スケートボーダーとして生きている人は、まだまだ少ないですよね。

競技人口も環境も、色んなことがまだまだ成長段階です。僕もお店を経営している業界の人間として、もっと良くしていけたらなぁと考えています。

スケートボードの本場アメリカでは、スケートボーダーとして仕事をしてお金を稼いでいる人がたくさんいます。中には、億を稼いでいる人もいるとかいないとか。

スケートボードを専業にできるかどうかは、所属しているカンパニーの大きさにもよるのですが、ビッグカンパニーならば、お給料もそれなりに大きくなるし、知名度も上がるし、その分プロとしての責任も大きくなります。

スキルも人気も十分だけど、プロという道を選ばずにアマチュアのまま好きなように、プレッシャーを感じずに滑っている人も沢山います。そういう選択肢を認められるのもスケートボードの良いところというか、アマチュアだからできる滑りっていうのもあるんですね。

とは言っても、やっぱりプロスケーターになるのってスゴイ!!プロはプロで大変だと分かっていても、スキルが全然な僕は、やっぱり憧れてしまいますね。

そんでですね、REALのアマチュアだったZion Wright(ザイオン・ライト)が、先日プロに昇格しました!

ザイオン・ライトは、バネを効かせたトリックとハンドレールスキルが半端ないスケーターです。ちょっと真似出来ないスゴイ滑りですね。

周りのプロスケーターも歓声をあげてしまうほどにあり得ないレベルです。

プロ昇格の時には、REALのチームメイトはもちろん、家族もかけつけてお祝いしたみたいです。

左から2番目がザイオン・ライトです。

日本ではプロスケーターになるっていうと親に反対されそうですが、アメリカではプロになると家族みんなでお祝いするんですね。もちろん、プロになるまでの道のりは大変だっただろうし、家族も心配したかもしれないけど、それでも、僕達が好きなスケートボードがこんな風にちゃんと家族や社会とつながっているのって、すごく良いですよね。

今後、↓こんなシャレの効いたシグネチャーデッキも出るみたいです!

REAL ZION KING デッキ

これカッコイイなぁ。乗りたい!

REALのデッキは、品質にそうとうこだわっていて、硬くて耐久性が高いです。「ちょっと重たい」っていうスケーターもいるけど、僕は気にならないですね。ガッツリテールを弾きたい人にオススメです。重さは、THUNDERトラックの軽量モデルと組み合わせれば全然気にならないですし。

ザイオン・ライトのプロモデルデッキは、まだ入荷していないですが、REALのデッキが気になるあなたは、チェックしてみてくださいね。

REALのデッキ一覧へ

tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする