スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

小さいからこそできることもある。

小さいからこそできることもある。

どうも!稲垣です。

僕はスケートボードショップを経営していますが、どんどん売上を大きくして、どんどん人を雇って、どんどん規模を大きくしていこうと考えていません。

もちろん、今の状況に満足しているわけではないので、もっと沢山の人にスケートボードから始まるライフスタイルの楽しさや素晴らしさを伝えていきたいとは思っています。

それに、お店や会社が大きくなったり、業界でそれなりの立ち位置になれば、収入も増えるだろうし、発言権が得られて、自分に有利なことがあったりもするだろうし、その結果、スケートボードの魅力を多くの人に伝えることにもなるかもしれない。

だけど、大きくなったり、偉くなったりすると、引き換えに自由を失うこともある。

これまで自由にできたり言ったりしていたことが、できなくなったりすることもある。

大きくなることで全てが解決できそうだけど、実はそんなこともない。

大きいことは、それが得意な人達に任せて、自分は、小さいからこそできることをやっていこう。

そんな風に考えていたりします。

これまで大人たちに言われてきた「上手にやらないといけないよ」っていうのを無視して、どうやったら自分達が好きなこと、好きなやり方で飯を食っていけるか?というところに、40歳になった今でもこだわっていたりします。

2018年は、そういう気持ちをアイテムのセレクトにも反映させたいなぁと考えていて、さっそくセレクトしたのが、Scumco&Sons(スカムコ アンド サンズ)という小さなスケートボードブランド。

素材の調達、ウェアへのプリント、ステッカーのプリントなどをローカルスケーター達自ら手作りしているのが特徴です。

Scumco&Sonsは、小さなスケートボードブランドだから、大手だと色んなしがらみがあって言えないメッセージなんかも、ズバッと言ってしまう。もちろん、スケーターらしいユーモアも込めて。

例えば、↓これは、Scumco&Sons流のオリンピック批判。

Scumco&Sons SCUMCOLYMPICS 8インチ Scumco&Sons SCUMCOLYMPICS 8インチ

0点を五輪に見立てて「ファッ◯ン」って言っちゃうあたり、忘れかけていた何かを思い出させてくれます。

そして、トップ面には、スケートボードを逆さまにした困り顔。

スケートボードのオリンピック種目化には、いろんな意見があるけど、ここまで立ち位置を明確にしているブランドも珍しいですね。

これも小さいからこそできるやり方かなと思います。

Scumco&Sonsのデッキは、高品質少量生産。1枚1枚のデッキにこだわりを感じます。

1月13日 13時まで、お試しキャンペーンを開催中。今だけ20%オフでゲットできます。

デッキをお探しのあなたや、他とは違うデッキをお探しのあなたは、ぜひチェックしてみてくださいね。

Scumco & Sons(スカムコ アンド サンズ)のデッキ一覧ページへ

tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする