スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

スケボーを始める時に年齢は関係ないのだ。

スケボーを始める時に年齢は関係ないのだ。

どうも!稲垣です。

こないだ、↓こういう記事を公開しました。

30代を過ぎて、たった一人でスケボーを始める初心者のあなたへ

そしたら、30代、40代、50代の人から、「勇気が出た!」とか「やめてたけど、もう1回スケボーやります!」みたいなメッセージが届いていまして、書いて良かったーと思ってるんですけど、中にはいくつか、↓こういうメッセージも届くんですね。

「もう40代なので、スケボーを始めようかどうしようか悩んでいます。」

って感じの、年齢の理由にスケボーを始めようかどうか悩んでいるパターン。

「うるせえ!滑ろう!」

って感じで、どこぞの海賊マンガの主人公みたいに言えれば良いんですけど、僕はそういうのできないんですよね。

だって、自分も年齢を理由にやれないことってけっこうありますから。

「今さらかなぁ」とか「自分はこれまでこんな人間だったから、無理だよ〜」

って感じで、年齢や過去を理由になかなか行動に移せないことがあります。

だけど、最近は、「やっぱりそういうの気にしなくて良いよなぁ」と、少しずつ自分の行動を変えられるようになりました。

僕が行動を変えられるきっかけは色々あったんですけど、長くなるので省くとして、結論から言うと、

  1. 本当は、歳をとった自分などいなくて、いつでも今が一番若い。
  2. 過去が現在の自分に影響を及ぼすことなどない。

この2つに気づいたからです。

本当は、歳をとった自分などいなくて、いつでも今が一番若い。

これは、もうそのままというか、そのままですね。

人生って、今が一番若いんです。「もう歳だし」って考えるのは、多分、その人にとって「スケボーをやるのは、この年齢」っていう、勝手な固定観念があるからだと思うんですね。

でも、「スケボーは若い時にやれ」って誰も言ってないし、決めてもないです。

確かに、体が動く年齢で始めたほうが可能性は広がりますけど、それなら、余計に今すぐにでも始めたほうが良いと思います。誰も、あなたに「オーリーは100cm飛んでください」とも言ってないですし、「10段の階段を飛ばないとダメ」とも言ってないです。

「若い人の中に入っていけるだろうか・・・」っていう不安もあると思うんですけど、これも別に若い人と一緒に滑らなくても良いです。1人で滑っても良いし、SNSで地元の中年スケーターを見つけて一緒に滑っても良いです。

歳を取っているっていうのは、スケボーをやらない理由にはならないんですよね。

実は、行動に移さない理由は、年齢以外にあると思います。年齢のせいにしておけば、自分をうまくごまかせるからそうしているだけなのかなぁと思います。

もしも、どうしても年齢が気になるなら、こう考えましょう。

今が、自分の人生で一番若い時。

年齢を気にするなら、よけいに今が始める時になるはずです。

 

過去が現在の自分に影響を及ぼすことなどない。

普通に考えると、「昔こんなことをしたから、今の自分はこうなっている」って考えてしまうと思うんですけど、実はそんなことないんですよね。

今の自分の原因を過去に見つけようとすると、宇宙ができたことがその原因になっちゃいます。「おい宇宙この野郎。ビッグバンなんて起こしやがって」っていうイチャモンをつけるおかしな人にならないといけません。面白いけど、何も解決しません。

そうじゃなくて、「未来はこんな風にしたいぞ」っていうことの結果が、今の自分って考えると、「行動した方が得じゃん!」という考え方に変わります。今が結果なので、なにをするかを自分で決められます。

「50歳になっても、スケボーに乗ってるカッコイイ中年になっている」って考えたら、今、スケボーをしていないわけにはいかないですよね。ある日突然、かっこいい中年にはならないです。行動しなかったら、行動しなかった中年になります。

  • 運動神経が悪い
  • 昔、友達のスケボーに乗って転んで痛い目にあった
  • 近所に滑る場所がない
  • 一緒に楽しむ仲間がいない

これって、全部過去のことなので、今、スケボーを始めない理由にはならないです。

過去を元にこれからの自分の行動を変えようとすると、「失敗しないようにする」っていうことしかできなくなります。

でも、失敗がない人生なんてなくて、人生って生まれた時点で、ほとんど失敗みたいなものだと思うんですよね。赤ちゃんの時なんて秒単位で失敗しています。

スケボーも、成功した回数より、失敗した回数の方がはるかに多いという残酷な遊びです。スケボーを始めるっていうのは、人生と同じで失敗にお金と時間を払うようなものです。

だけど、めちゃくちゃ面白いんですよ。人生とおんなじで。

もしかしたら、人によっては、「全然面白くない!」って思うかもしれないですけど、それは仕方ないです。世界は、僕達を楽しませるために存在していないので。

街もスケーターを楽しませるために存在していないです。だけど、街で滑ったほうが楽しい。

実は、人生もそんなものだと思う今日このごろです。

バレンタインキャンペーンなので、CHOCOLATEのことについて書こうと思ったんですけど、気になったので書いてみましたー。

↓CHOCOLATEの新作デッキもキャンペーン価格!

2月14日までバレンタインキャンペーン CHOCOLATEデッキ20%オフ!

tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする