スケボー通販 Hi5 SKATEBOARDING

軽々とスケボーのトリックを決めるためにできること全部やってみる?

スケボー用軽量化トラック サンダー チタニウムライト

どうも!スケボーショップHi5のイナケンです。

プロスケーターや上手い人と、俺たちのトリックの違いが何かっていうと、

軽さ

だと思うんだよなー。

プロスケーターや上級者のトリックって、マジで軽い。ホントに同じスケボーでやってるのか疑わしいほど軽い動きするよね。

スケーターにとって、「軽い」っていうのは、褒め言葉だったりするくらいだ。

パークやスポットに行くと、「軽っ!」という声をよく聞く。

誰かがスパーンと軽々トリックを決めると、ついつい「軽っ!」と言ってしまう。

軽々とトリックを決めるためには、イメージ力や反復練習が必要なんだけど、実際にスケボーを軽くしてしまうっていうのも1つの手だと思う。

スケボーを軽くするための方法は1つしかない。

トラックを軽量化されたモデルに替えることだ。

デッキやウィールでも多少は軽くなるけど、トラックを替えるのが一番変化が大きい。

そこで今日おすすめしたいのが、業界最軽&最強と名高い↓これ!

スケボー用軽量化トラック サンダー チタニウムライト

THUNDER TITANIUM LIGHT(サンダー チタニウムライト)!

アクスルシャフトがチタニウム製で、キングピンが空洞で、ベースプレートが肉抜きで薄い。もはや完全体のスケボートラック。

スケボー用軽量化トラック サンダー チタニウムライト スケボー用軽量化トラック サンダー チタニウムライト スケボー用軽量化トラック サンダー チタニウムライト スケボー用軽量化トラック サンダー チタニウムライト スケボー用軽量化トラック サンダー チタニウムライト

お世話になっているスケーター多数。俺のようなおじさんスケーターは必須。

とにかく軽い。

普通のサンダートラック147は、343g。

チタニウムライトは、287g!

その差56g!セットで112gも軽いのだー。

112gは、さすがに手で持っても、足で蹴っても違いが分かる。

軽いからなんなのだっていうあなたに、軽いことのメリットを伝えると、

疲れにくいから、長時間スケートできて、上達が早い。友達や家族が驚くぞ。

軽い力でトリックが決まるから、みんなから「軽っ!」という最高の反応を得られる。

トリックのメイク率が上がるから、初心者脱出も夢じゃない。ライバルを出し抜いてやれ。

という感じ。

スケーター本人の努力が必要なのは間違いないし、スケボーの重さを利用したトリックもあったりするから、トラックを軽くしたら、絶対にうまくなるっていうことはないけど、軽くすることで得られるメリットは、めちゃくちゃ多いのだ。

あと、軽量化トラックのデメリット「耐久性の劣化」というのが、チタニウムライトには無い。

ホローアクスルと言って、アクスルシャフトが空洞化された軽量トラックだと、激しい着地の衝撃で曲がってしまったりすることがあるけど、最強素材チタニウムアクスルなら、そんな心配も無用。

耐久性が高いから、交換頻度が少なくなって、財布にも優しい。余ったお金で美味いランチが食えるぞ。

あと、サンダーのチタニウムライトは、でかいデッキを使っている人には、マジでおすすめ。

最近は、8.25インチ以上の大きめデッキが人気だけど、でかいデッキは、重たいんだよなーっていうスケーターの声を聞くことが多い。

チタニウムライトは、小さいサイズのスタンダードなトラックよりも軽いくらいだから、デッキのサイズ変更も思い切ってトライできるよ。

8.25インチとか8.5インチとか、大きめのデッキでフリップ回してるのってカッコいいんだよなー。

でかいデッキ憧れがあるあなたは、ぜひサンダーのチタニウムライトを使ってみて欲しい。

「あの人あんなでかいデッキでクルクル回してる!やばい!」

って、地元のスケーターの間で噂になるかもよ。

サンダーのチタニウムライトは、ロックダウンの影響で全然生産されていなかったんだけど、今回、奇跡的に入荷。

だけど、入荷数はめちゃくちゃ少なくて、147、148、149が各1セットずつだけ。

次の入荷は、いつになるか未定なので、気になるあなたは、今すぐ↓ここからゲット!

147/ハイ(7.9〜8.12インチのデッキ)

<売り切れ>


148/ハイ(8.12〜8.38インチのデッキ)


149/ハイ(8.38〜8.62インチのデッキ)

SNSでフォローする