スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

スケートシューズブランド LAKAI(ラカイ)の雰囲気が変わってきた!

スケートシューズブランド LAKAI(ラカイ)の雰囲気が変わってきた!

どうも!稲垣です。

今日は、スケートボードシューズブランドの話を書こうかなと思います。

ここ数年のスケートボード界の一番大きな変化は、スケートボードシューズじゃないかなーと思ってます。

今まで、スケートシューズブランドしかなかった業界に、NIKE、ADIDAS、NEWBALANCEなど、大きなシューズ企業が本格的に参入してきました。

これまでにも大企業は、スケートシューズを発売してきたんですけど、スケーターに無視されていたんです。

なんでかっていうと、完全にお金のことだけしか考えずに、スケーターを利用しようとしているのが見え見えだったから。

だけど、今回の大企業ブランドのスケートシューズ参入は、失敗を踏まえていて、すごくスケーターのことを考えているものになっています。

ベテランで業界のことやスケーターの本質を知っているレジェンド級のスケーターをマネージャーやデザイナーに引き入れて、スケーターの文化に沿うようなキャンペーンやマーケティングをしています。

スケーターとしても、現役を退いた後に、これまでの自分の経験を生かして仕事ができることは、やりがいがあるし、生活の安定にも繋がります。

というようなことがあって、今の大企業ブランドのスケートボードシューズ参入は、うまくいっているのかなと思います。これからどうなっていくかは、分からないですが。

で、これまで、インディペンデントに運営、経営をしてきたスケートシューズブランドは、大企業ブランドのマーケティングや資本力に押されて、規模がどんどん小さくなっています。

売上が減るのはもちろんなんだけど、中心的な存在の所属スケーターを引き抜かれていったのが、ダメージが大きいと感じています。

僕が好きなスケートシューズブランドLAKAIも、ダメージを受けたブランドのひとつ。

これまで、スター軍団だったLAKAIからは、ゴッソリと大御所スケーターがNIKEやADIDASに移籍してしまいました。

2年前くらいの状況では、「LAKAI大丈夫かな・・・」と心配していたんですが、最近は、「逆にLAKAI、良い雰囲気になってきたな!」という感じです。

なんでかっていうと、良い感じにチームの若返りとスタイルの変化が起きているから。

スタースケーターが揃っている時のLAKAIは、どうやったらできるの!?ってくらいのテクニカルなトリックや、そんなとこ飛べるわけない!っていう攻め攻めのハンマートリックを連発する、まさにスター軍団らしいチームでした。

今は、若くて勢いがあるスケーターやローカルの渋い滑りをする若いスケーターが集まってきていて、以前の大味な雰囲気のLAKAIじゃなくて、ストリートな雰囲気がプンプンするアンダーグラウンドでインディペンデントなシューズブランドの匂いがしています。

若手で勢いがあるのは、3人。

まずは、↓このレール超えバンク イン オーリー4連発でスケート界をざわつかせたサイモン・バネロー。GIRLのプロでもあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@simonbannerot Best Lines Ever, Jerome Ave Banks, NY Everybody knows these banks look hard to skate but somehow Simon Ollies every handrail in sight and skates down them all with ease✅ This is Something Else✅ 🎥Filmed by @justsomedude #simonbannerot #girlskateboards

No Comply Networkさん(@thenocomplynetwork)がシェアした投稿 –

それから、サイモンの親友でGIRLの新人プロでGX1000クルーでもある、↓タイラー・パチェコ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@wecantallbefriends in SF 💚 📹 @gx1000 #TylerPacheco #ManChild #GirlSkateboards

Girl Skateboards™さん(@girlskateboards)がシェアした投稿 –

どんな場所でも自分のスタイルで滑ることができるDOOM SAYERSのプロ、↓コディ・チャップマン。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@spitfirewheels @spitfirewheels @spitfirewheels @spitfirewheels

Cody Chapmanさん(@coldchapman)がシェアした投稿 –

この若手達は、最近プロに昇格して、めちゃくちゃ勢いがあるスケーターです。これからどんなパートを残してくれるのか楽しみだし、LAKAIからシグネチャーシューズも出そうです。

この3人は、インスタグラムでも話題になるので、知っている人が多いと思うんですが、実は、LAKAIは、ローカルにいて無名だけど、渋い滑りをするスケーターもサポートしているんです。

LAのローカルスケートクルーCHALLERSのメンバーRamses Arroyoの滑りなんて、90年代のGIRLやCHOCOLATEを思い出させてくれるような激渋のストリートスタイルです。僕、個人的にこういう滑りが一番好きです。

↓LAKAIの兄弟ブランドGIRLからもサポートされているErik Herreraも、若い頃のマイク・キャロルのようなスタイリッシュな滑り。

 

この投稿をInstagramで見る

 

📹 @rampong

@ erikhherreraがシェアした投稿 –

大御所スケーターが離脱していくときは、どうなることかと思ったけど、今となっては、若返りになったし、スタイルも今のスケートボードの流れに合っているし、ストリートの雰囲気が戻ってきていて、新しいLAKAIチームは、すごくカッコいいと思います。

しかも、そんなインディペンデントなチームに、神様トニー・ホークがいるというのもすごい。

新生LAKAIチーム要チェックです!

ただいま、スケートシューズブランドLAKAIのポップアップストアを富山のお店で開催しています。

期間中は、僕が厳選したモデル6型が20%オフでゲットできるようになっています。

オンラインストアでも同じように20%オフでゲットできるようになってます。

ついでに、LAKAIライダーのデッキも20%オフになってるので、合わせてチェックしてみてくださいねー。

今すぐLAKAIシューズとセールデッキをチェック>>

https://hi5sk8.net/tag/lakai2019fall-pop-up/

tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする