スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

ANTIHEROのURBAN MUTATIONが色々スゴイ。

ANTIHEROのURBAN MUTATIONが色々スゴイ。

どうも!稲垣です。

先日のブログで、スケートボードブランドのANTIHEROについて書いたんですけど、そのANTIHEROから、新しいクリップが配信されました。

URBAN MUTATION(都会の突然変異?)っていう意味深なタイトル。

内容は、ANTIHEROのホームタウンであるサンフランシスコを、チームライダーがクルージングしたり、ダウンヒルしたり、ヒットしたりっていう感じなんですが、最近のサンフランシスコを皮肉ってるような感じです。

サンフランシスコは、ここ数年人口がスゴく増えてます。なのに、こないだまで条例によって新しい建物が建てられず、家賃があり得ないくらい高くなってたらしいです。

そんで、条例が変わって新しい建物を建てられるようになったとたん、どんどん新しいビルやマンションが建ち始めたみたいです。

サンフランシスコって、僕は行ったことないんですけど、古い建物や町並みが残っていて情緒があるのに、新しい考えや生き方を認める人が集まっている街って感じで、サンフランシスコとスケートボードっていう組み合わせは、もはや反則レベルで素敵。

そんで、このANTIHEROのURBAN MUTATIONは、最近変わり始めたサンフランシスコに「どうなってるんだいサンフランシスコ!」っていうようなことを伝えているクリップではないかと思います。

見ていると「うぇえ!!??」っていうような状況でダウンヒルしていたりして、やっぱりANTIHEROは根性入ってるなぁとビビってしまいましたが、さらにビビるのは、久しぶりにANTIHEROのボスであるJulien Stranger(ジュリアン・ストレンジャー)が滑っていること。

ジュリアン・ストレンジャーは、本当にカッコイイスケーターだと思います。僕のフェイバリット10に必ず入れたいスケーターの一人。VANSのAUTHENTICが世界一似合う男です。

何気なくやるバックサイド50-50がイケているスケーターは、何をやってもカッコイイと決まっているのですが、URBAN MUTATIONの中でジュリアン・ストレンジャーがやる「ちょっとだけ当て込むような」バックサイド50-50がカッコイイんです。

最近流行りのオシャレでキレイな作りのクリップとは違って刺激的で良い感じです!

ANTIHEROのイーグルデッキに乗り換えたくなってきたぞ。

ANTIHEROのアイテム一覧ページへ

tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする