スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

自分がヘタクソだと分かるスケーターは、センスある説

どうも!稲垣です。

今日のメルマガメンバー限定ブログの内容は、

  1. 今週のコラム「自分がヘタクソだと分かるスケーターは、センスある説」
  2. おすすめアイテム
  3. 今週の動画
  4. 今週のクーポン(先着3名まで)

です。

自分がヘタクソだと分かるスケーターは、センスある説

スケボーって、やってもやっても、全然満足できん。

どれだけ高く飛んでも、どれだけフリップが決まっても、なんだかしっくりこない。

特に、自分の滑りを撮影した映像を見た時なんて、死にたくなる。

「なんだ、このへたくそは・・・」と。

「俺には、スケボーのセンスがないのか・・・」と。

でも、なんか悔しいから、よーく考えてみた。

「俺には、本当にスケボーのセンスがないのか?」と、三日三晩問い詰めてみた。ネガティブ側の自分に。

そしたら、俺には、スケボーのセンスがあることが分かった。よかった。

だから、自分の滑りに満足できていないあなたにも、スケボーのセンスがあるよ。

結論から言うと、自分をへたくそだと分かっている時点で、センスがあるという話なのだ。

だって、イケてるかダサいかの判断ができているってことじゃないか。

スケボーのカッコ良さって、得点を付けるわけでもないし、マニュアルがあるわけでもない。

「これができたらカッコいいスケーターに認定します。」なんていうのがないし、スケボーに限らず、この世にそんなもんはない。

イケてるかダサいか、カッコいいかカッコ悪いかは、自分で判断するもので、その判断ができることが、センスということだ。

だから、なんの理由もなく、「自分の滑りは、ダサい」と判断できているということは、それだけでセンスがある証拠なのだ。誰かになにかを習うわけでもなく、ダメなことに気づいているわけだから。

スケボーに限らず、ダサい人って、自分の判断基準がない人だと思う。

ファッションだと分かりやすい。ダサい人は、自分では判断できないから、全身を高いブランドもので包んでみたり、ファッション雑誌の情報を鵜呑みにしていたりする。

ダサい人でも、究極にダサい人だと時代を変えることもあるけど、これは、ダサいのではなく、天才。センスとかダサいとか、そういう世界でやっていない人なので、全く参考にならん。

センスっていうのは、自己満足とは逆の話で、他者が良いと思うかどうかにフォーカスできる能力のことだ。

だから、「自分の滑りは、イケてない」と思うっていうことは、他者から見た自分の滑りを意識しているということではなかろうか。

ということは、もうすでにプロの意識でスケボーしているということではないか!

これって、めちゃくちゃセンスがあるということだろうが!!

という理論で、ネガティブな自分を論破しておいた。少し手も出た。ネガティブなんて鬱陶しいから殴るくらいでちょうどいい。

真面目な話、どんな分野においても、悪い部分に気づけるということは、センスや才能がある証拠だ。

何にも気づかず、ボケーッと生きているやつだって山ほどいる。

俺は、スケボーのことなら気づくけど、他のことに関しては、ボケーッと生きている。

誰かが、世の中の悪い部分に気づいて、直してくれて、社会が回っている。今日もちゃんと蛇口から水が出る。社会人、ありがとう。

自分は、自分の滑りに満足できない。自分のトリックが嫌いだ。というのは、センスや才能がある証拠だから、安心してOK。

センスや才能って、実は、ほとんどの人にあるけど、続けないから開花しないだけではないのかと思ったりもする。

俺は、20年スケボーしているけど、サボったりしたから、未だに才能が開花しないだけだと思っている。明日、満開かもしれん。

そして、別に才能は開花しなくてもいいと思っている。スケボーをしている今日が十分に楽しいから。

もしも、あなたの才能が開花したら、一緒に花見させてほしい。

今週のおすすめアイテム

今週のおすすめアイテムは、新しく取り扱いをスタートしたNIKE SB です!

NIKE SBは、個人的にも取り扱いたかったシューズブランドです。

世界で一番のスポーツブランドということで、さぞかし資金とパワーでガシガシやっているんだろうと思われがちなのだけど、NIKE SBが掲げているコンセプトは、SUPPORT YOUR LOCAL(サポート ユア ローカル)。街それぞれにある小さなスケートコミュニティやカルチャーとスケートショップをサポートするという活動を続けています。

↑このZOOM BLAZER MID ISOのISOは、IN STORE ONLY(イン ストア オンリー)の意味で、スケートショップでしか販売されない限定カラーです。NIKEのオンラインストアや直営店、スポーツ用品店では販売されません。

NIKE SBには、オリンピック候補選手も沢山所属しているから、イメージ的には、メジャー路線という感じかもしれないけど、実は、うちのような小さなスケートショップを優先してサポートしてくれています。

シューズの品質や性能は、年々良くなっています。例えば、↓このZOOM BLAZER LOW GT。

このシューズは、ANTI HEROのプロ グラント・テイラーが改良を加えたBLAZER。

ソールを柔らかくし、ボリュームを調整。アッパーのスエードも耐久性を上げて壊れにくくしました。

しっかりとスケーターの意見を取り入れ、定番モデルもアップデートを続けています。

↓このモデルは、シェーン・オニールの初シグネチャーモデル。

シェーンのテクニカルな滑りをサポートしながらも、クラシックなデザインに仕上げるところがニクい!

NIKE SBには、沢山もシューズがあるけど、うちでは、スケーターらしいクラシックなモデルを集中してセレクトしていこうと思っています。最近話題のDUNK SBの取り扱い店舗にもなっているので、そちらもお楽しみに!

今週のクーポンは、NIKE SB送料無料クーポンになってるので、ぜひこの機会に!

NIKE SB一覧ページへ>>

今週の動画

今週は、おすすめアイテムで紹介したNIKE SBのグラント・テイラー!

GTこと、グラント・テイラーは、キッズ時代から、ずっとNIKE SBでした。

ハンドレールやストリートの滑りもすごいし、バーチカルでのデッキコントロールが、神レベルです。ふわふわしながらも、デッキが足から全く離れない。

彼の滑りを見ていると、「スケボーは、膝だな」というのが分かります。彼の膝の柔らかさに注目しながら、映像をチェックしてみてください!

今週のクーポン

2020年11月6日まで使えるお得なクーポンをプレゼントします!使えるのは、先着3名までなので、気になるアイテムがあるあなたは、お早めに!

クーポンコード:10291057
NIKE SBの全モデルが送料無料になります。
NIKE SB一覧ページへ>>

質問募集中です!

メルマガメンバーからの質問を募集中です。

トリックの練習方法、モチベーションを保つコツ、買おうか迷っているアイテム(他店のアイテムに関しては答えないぞ)について、など、スケボーのことで困っていることがあったら、質問を送ってください。俺のできる範囲でお答えします!

質問を送るときは、↓このフォームを使ってねー。

    お名前 (必須)

    ペンネーム
    送って頂いた質問をメルマガで紹介する時にペンネームをご希望の場合は、記入してください。

    住所 (必須)
    都道府県と市町村まででOKです。(例 富山県富山市)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    メッセージを送信後に、受信を確認する自動返信メッセージがあなたのメールに届きます。もしも、受信確認メッセージが届かない場合は、

    (1)迷惑メールボックスに入っているかもしれません。
    (2)入力したメールアドレスが間違えているかもしれません。
    (3)携帯電話メールの場合は、PCメールの受信を許可して下さい。

    以上の3つを確認してみて下さい。
    それでもメールが届かない場合は、システムエラーの可能性があります。もう一度、再送信してみて下さい。よろしく!

    今週のメルマガメンバー限定ブログは、ここまで!

    あなたのスケートライフが最高に楽しくなるように応援しています!

    Hi5 稲垣より

    tencho-portrait

    僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

    多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

    ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

    でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

    そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

    今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

    この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

    長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

    スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

    ↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

    スケボー初心者が陥るワナ

    スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

    スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

    大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

    18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

    お気に入りをぶっ壊せ!

    スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

    人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

    スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

    スケボーのデッキがアートな理由

    SNSでフォローする