スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

恐怖心がないと、スケボーは楽しくない。

恐怖心がないと、スケボーは楽しくない。

どうも!稲垣です。

今日のメルマガメンバー限定ブログの内容は、

  1. 今週の質問コーナー「恐怖心がないと、スケボーは楽しくない。」
  2. おすすめアイテム
  3. 今週の動画
  4. 今週のクーポン(先着3名まで)

です。

恐怖心がないと、スケボーは楽しくない。

今週は、届いた質問に回答するよー。

お疲れ様です。いつも楽しくブログを読んでおります。1年ほど前にプッシュをしていて左足首をひねってしまい骨折をしてしまいました。それからスケボーが怖くなり、スケボーに乗っていません。怖さを克服する方法などアドバイスをお願いします!

埼玉県 ビビルさん

ビビルさん、ありがとうー!

骨折は、かなりの大怪我だから、スケボーに対して恐怖心が芽生えてしまうのは、仕方がないよね。

ケガをしてしまった経験に関してのケアは、俺では、どうしようもないです。もしも、ビビルさんが本気でスケボーを続けていきたいと思っているのに、スケボーに乗ることさえ怖いなら、ケガのケアとか心理学の専門家に相談したほうがいいと思う。

俺も、昔、手首を骨折したことがあって、そこからしばらくスケボーしなかったけど、徐々に恐怖心は薄れていって復帰できたから、時間が解決してくれることもあると思うから、ゆっくりやっていったらいいと思います。

恐怖心の質問が来たので、今日は、スケボーの恐怖心に関して書こうと思います。

初心者の人からの質問で多いのが、「怖くてトリックの練習ができません。恐怖心は、どうやったらなくなりますか?」っていうのがあるんだけど、

恐怖心は、なくならん!

ハンドレールに入るようなプロスケーターでも、怖いって言う。俺の地元の超上手くて、階段やらギャップやらを飛び越えるスケーターに聞いても、「怖いっすよ」と言う。

人間から、恐怖心をなくすことは、不可能だと思う。なので、「恐怖心さえなくなれば、自分だってスケボー上手くなれる」っていう前提は、今すぐ捨ててしまおう。スケボーは、ずっと怖い。怖がりながら上手くなるものなのだ。

まれに、ちょっと頭の仕組みというか才能というか、恐怖に対する感じ方が違う人もいるので、そういう人は、参考にしないほうがいいと思う。普通の人は、怖いもんは怖い。

そもそもスケボーが中毒になってしまうほど楽しいのは、人間に恐怖心があるからだと思う。

恐怖を感じながらも、それに負けずに、自分の体をコントロールできた。だから気持ちいい。

この気持ちよさを、俺は、「神の手から離れられた気持ち良さ」だと思っている。

誰かが、俺達人間を作ったとして、作ったのが神だとしたら、神が俺達に恐怖を感じるように設計した。

恐怖心がなかったら、俺達は、すぐに死ぬ。高いところから飛び降りて死んだり、アホみたいに潜水して溺れ死んだりするだろう。

恐怖心というのは、つまり、死への恐怖なので、神は、恐怖心をインストールすることで、人間を良い塩梅に生きるように設計したのだ。だから、俺達が自分の意思で恐怖心をなくすことはできない。心臓が勝手に動いているように、脳が勝手に発動させるシステムだから。

でも、神が設計したシステムから、離れることができる遊びが生まれてしまった。それがスケボー。

スケボーのトリックを成功させることで、一瞬、神の手から離れて、脳が解放される。解放される時に、なんかおかしな物質みたいなもんが出るんじゃないかな。それが、めちゃくちゃ気持ちいい。それを味わいたくて、怖いけど、またトライする。

スケボーっていうのは、こういう遊びなのだ。(俺が、勝手に考えたことだけど)

だから、恐怖心がなくなると、スケボーもそんなに面白くないんじゃないかな。

怖いから面白いし、恐怖を認めることで、できないことができたりする。

スケボーは、一人で楽しむものだから、できてもできなくても誰にも迷惑かからんし、自分がコントロールできるレベルで遊んでいい。怖くて楽しくないなら、さっさとやめて、自分に合った趣味を探せばいい。

絶対にケガをしたくない、ケガをするわけにはいかない、という場合は、スケボーを楽しむことは無理っす。これは言い切ります。無理。

かといって、骨折覚悟で無謀にトライしろと言っているわけではない。

恐怖心を認めて、恐怖を感じながら、自分の体をコントロールする楽しさと気持ち良さを得るために、創造力を働かせながら、小さいトライを続けていこう。

恐怖心で体が固まると必ずケガをするから、自分の体が自然に動くレベルのトリックや目標を、自分で考えながらトライしていこう。この創造こそが、スケボーの醍醐味だったりするよ。

だから、質問を送ってくれたビビルさんも、次にスケボーに乗ることができたら、前より楽しいし充実を感じるはず。物語の主人公は、必ず挫折やケガを乗り越えるじゃん。挫折やケガは、主人公になるチャンスなんだぜ。

今週のおすすめアイテム

今週のおすすめアイテムは、Hi5オリジナルのカレッジロゴアイテム!

アメリカの大学のスポーツチームっぽいロゴだから、カレッジロゴ。

スケーターって、古着屋とかでイイ感じのカレッジロゴのアイテムを見つけるのが上手い。

色や書体がイイ感じのカレッジロゴアイテムが欲しいなぁと思ったので、お店のオリジナルで作りました。

11月10日まで予約受付中。予約すると送料無料でお届けします!

ハイファイブのカレッジロゴアイテムをチェック>>

今週の動画

今週は、GIRLとVOLCOMのコラボレーション記念動画!

GIRLの新人プロ Simon Bannerot(サイモン・バネロー)は、VOLCOMチームにも所属しています。

そのつながりで、アパレルブランドVOLCOMから、GIRLとのコラボレーションアイテムが発売されました。発売を記念して、みんなでツアーに行ったみたいです。

サイモン・バネローの地元、ワシントン州あたりをキャンプしながらスケボーツアー。LAやNYみたいな大都会じゃなくて、いい感じの郊外と自然のスポットを遊び尽くしています。

サイモン・バネローは、まだ大ブレイクしていないけど、確実にすごいスケーターになると思う。やってることも、考えてることも、普通のスケーターと違いすぎます。トリックやスタイルの参考にはならないけど、絶対にチェックしたいスケーターです。

今週のクーポン

2020年11月13日まで使えるお得なクーポンをプレゼントします。使えるのは、先着3名までなので、気になるアイテムがあるあなたは、お早めに!

クーポンコード:11011114
ウィール全商品が送料無料になります。
ウィール一覧へ>>

質問募集中です!

メルマガメンバーからの質問を募集中です。

トリックの練習方法、モチベーションを保つコツ、買おうか迷っているアイテム(他店のアイテムに関しては答えないぞ)について、など、スケボーのことで困っていることがあったら、質問を送ってください。俺のできる範囲でお答えします!

質問を送るときは、↓このフォームを使ってねー。

    お名前 (必須)

    ペンネーム
    送って頂いた質問をメルマガで紹介する時にペンネームをご希望の場合は、記入してください。

    住所 (必須)
    都道府県と市町村まででOKです。(例 富山県富山市)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    メッセージを送信後に、受信を確認する自動返信メッセージがあなたのメールに届きます。もしも、受信確認メッセージが届かない場合は、

    (1)迷惑メールボックスに入っているかもしれません。
    (2)入力したメールアドレスが間違えているかもしれません。
    (3)携帯電話メールの場合は、PCメールの受信を許可して下さい。

    以上の3つを確認してみて下さい。
    それでもメールが届かない場合は、システムエラーの可能性があります。もう一度、再送信してみて下さい。よろしく!

    今週のメルマガメンバー限定ブログは、ここまで!

    あなたのスケートライフが最高に楽しくなるように応援しています!

    Hi5 稲垣より

    tencho-portrait

    僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

    多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

    ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

    でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

    そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

    今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

    この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

    長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

    スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

    ↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

    スケボー初心者が陥るワナ

    スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

    スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

    大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

    18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

    お気に入りをぶっ壊せ!

    スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

    人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

    スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

    スケボーのデッキがアートな理由

    SNSでフォローする