BACK TO SKATE キャンペーン!もう1回スケボーしようぜ。

お知らせ

ブログカテゴリ

アイテムカテゴリ

ブランド

ご案内

スケボー・スケートボード通販ショップ


076-456-7851

 

「注文したけど確認メールが届かない!」という場合は、お電話 076-456-7851(14〜19時)か、LINEでお問い合わせくださいm(_ _)m

友だち追加

Hi5のLINEアカウントができました!お問合わせはLINEからでもOKです!

商品カテゴリ一覧

オーリーの高さには、こだわらなくていい理由

オーリーの高さには、こだわらなくていい理由

スケボー初心者, メンテナンス, やる気アップコラム, メルマガ会員限定, ブログ

30代から、たった一人でスケボーを始めるあなたへ

もしもあなたが、これからスケボーを始める30代以上の人なら、ちょっとだけ時間をとって、このページ→https://hi5sk8.net/30overskater/を読んでみて下さい。

どうも!稲垣です。

今日は、スケボーのトリックの高さについて書こうかなと思います。

なんで、そんなことを書こうと思ったかというと、僕のお店でスケボーを買ってくれたスケーターやLINEやメールで届くメッセージに、

「オーリーが高くなりません。どうしたら良いですか?コツはありますか?」

というのが結構多いからなんですね。

高いオーリーは、カッコいいです。小学生の時の足が速いっていうのと同じで、スケーターにとってオーリーが高いというのは、ヒエラルキーのてっぺんにいける方法の一つだったりします。

僕も若い時は、とにかく高いオーリーのマスターを目指しました。

「赤コーンを立てたのをウォーミングアップで軽々飛べるようになったら、上手いスケーターが集まってるパークやスポットに行って滑ってやる」

みたいなことを考えていました。

高いオーリーこそ正義。

高いオーリーができれば、低いオーリーもできるはず。

高いオーリーさえできれば、オーリー以外のトリックも楽々になるはず。

こんな風に考えて、高いオーリーをマスターすることを、優先順位の一番に掲げて滑っていたわけです。

その結果、マグレで赤コーンを飛んだことはあったけど、自分でコントロールした気持ち良いオーリーをマスターしないまま40歳になってしまいました。

20年以上もスケボーを続けてきたのに、できるトリックの数が少なすぎる。なんでや!?

と悩んだ結果、ある2つの事実に辿り着いたんです。

  1. オーリーの高さと気持ち良さは、関係ない。
  2. 高いオーリーができても、トリックの数は増えない。

という事実です。

高さを求めてオーリーしていたときのことを思い返してみると、高いものを飛び越えた時って、自分で自分に驚いている感じで、「うぉ!飛べた!」って感じ。スケボーをコントロールしている「支配感」がない。

逆に、支配感を味わって、なんとも言えない気持ち良さを感じているときって、軽い力でテールをコーンッと弾けていたり、高さ10cmくらいの縁石にキレイにグラインドしていたり、何回やっても同じように回るショービットができたりっていうときなんですよね。

高さを求めてスケボーしているときって、だいたい力んでます。力が入ると、人間の体って動きが遅くなります。その結果、さらに力を入れるようになって、めちゃくちゃ重たいオーリーになる。力いっぱい飛んでマグレで飛び越えてしまう高いオーリーが気持ち良いわけない。

スケボーに限らず、あらゆるスポーツで、力を入れれば入れるほど上手くいくことって、基本的にはないはずです。あるとしたら、腕相撲とか綱引きとかそういう力勝負だけです。スポーツだけじゃなくて、料理、造作、演奏、運転、どんなことでもそうで、力を抜けるようになることが、上達の第一歩です。

この世にあるコツというのは、つまり何にたどり着くかというと、

力を抜いてやる方法

なんです。

コツ=力を抜いてもできる方法

です。

スケボーのトリックは、その名の通り、手品と同じです。

手品が力を入れることで上手になるなら、マジシャンは、筋肉隆々の人が多くなるはずなのに、そんなことはないです。

スケボーのトリックの高さというのは、スタイルの表現方法だったり、競技としての基準だったり、刺激のひとつだったり、そういったものです。

僕は、高さを極めることが、コツの習得にはならないのではないかと考えています。

なので、一緒にスケボーをする初心者のスケーターには、物超えなんてやらなくて良いって言います。

物を飛び越えないと飛んでいるかどうか判断できない場合、それはオーリーができていないです。

オーリーができた時は、物を飛び越えなくても、誰かに見てもらわなくても、「できた!」と確信できます。それくらいに、オーリーというトリックは、気持ち良いです。

高さを求めてオーリーの練習をしている人は、おそらく、まだ、オーリーができていません。だから、できているかどうかを、飛び越えられた物の高さで確認しようとしているんです。

確実にオーリーができている人が、少しずつ高さを出していく練習をするのは全然オーケーです。

だけど、「これはオーリーができているのか?」と自分の中でも疑問がある間は、高さを求めるのはやめて、気持ち良いオーリーのコツを見つける練習をしましょう。

僕も最近は、高さよりも、気持ちよさを重視してオーリーをしています。そのおかげで、42歳になった今でも、スケボーがしたくてウズウズする毎日を過ごしています。低くてもちゃんとテールを弾いたオーリーって、めちゃくちゃ気持ち良いんです。クセになる気持ち良さです。やめられるわけがありません。スケボーは、合法的に快感を得られるヤバイものです。

あのまま、高さだけを追求するスケボーを続けていたら、僕は、きっとスケボーをやめていたかもしれません。

オーリーに挫折して、スケボーをやめてしまった人、やめてしまいそうな人は、高さを求めるのは今すぐやめてください。物超えもやめてください。コツを見つける練習を始めましょう。

コツとは、力を抜いてもできる方法のことです。

近々募集をスタートする予定のHi5のスケボースクールでは、この辺のことをじっくりお伝えしていこうかなと思ってます!

今日は以上です!

 

【追伸】

高いオーリーが正義というのは、本当だし、ちゃんとオーリーができるようになったら、高いオーリーを目指すのは全然良いと思います。僕も高いオーリー大好きです。

そして、高いオーリーの頂点にいると思われる人は、↓こんなオーリーをするので、覚悟しておく必要があります。

5月6日まで、ゴールデンウィークセールやってます!

人気ナンバーワンのコンプリートセットは、↓こちら! スケボー初心者にオススメのコンプリートスケートボードセット

Hi5のコンプリートセット

「スケボーを始めたいけど、何を選んで良いのか分からない・・・」 というスケボー初心者の悩みを解決して、最高のスケートライフを楽しめるようにと店長が考えたセットです。これまでに、800台以上を販売してきた人気ナンバーワンのアイテムです。詳しく見る
Hi5が初めてというあなたにオススメの10記事

友だち追加
Hi5のLINEアカウントができました!
ブログの更新やアイテムの最新情報、LINEでしか話さないことなどをお届けしています。商品やご注文のお問合わせはLINEからでもOKです!