スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

オーリーは、空振りから始めよう。

どうも!稲垣です。

スケボーを始めたばかりで、オーリーの練習をしている人がよくしている勘違いというか、誤解というのがあると思ったので、今日のブログでは、そのことについて書こうと思います。

 

スケボーって、ぱっと見、めちゃくちゃダイナミックじゃないですか。

ブワーッと飛んで、グルグル~とデッキが回って、バチーンと着地したりします。

そのイメージからすると、オーリーをする時って、力いっぱい動いたほうが良さそうな感じがします。

だけど、オーリーを始め、スケボーのトリックって、ダイナミックとは対極にある動きだと、僕は思うんですよね。

僕も若い時は、とにかく力いっぱい動いたほうが高くてカッコいいオーリーができると思ってました。

だけど、ダイナミックに力いっぱい動けば動くほど、気持ちいいオーリーができないんですね。

逆に、「いかに力を抜いて正確にやるか?」って意識でやったほうが、キレイで高いオーリーができます。

 

力を入れると、動きは遅くなる

オーリーって、一瞬で色んな動作をやらなくてはいけないので、スピードがすごく必要です。僕も、オーリーを練習している初心者に、

「もっと速い動きが必要だよ。スピード大事だよ。」

ってアドバイスします。

それを聞いた初心者は、「よっしゃ!」って感じで、速く動こうとするんですけど、逆に動きが遅くなったり、ぎこちなくなったりします。

これは、速く動こうとすることで力が入ってしまうからです。

実は、力をいれると、体の動きは遅くなります。速く動きたいなら、力は抜くべきなんですね。

抜くべきなんですけど、やっぱり力が入ってしまうし、力を抜くと、オーリーの時のテールの弾きが弱くなってしまう気がする。

テールは強く弾いたほうが良いはずだから、やっぱり力を入れよう!って感じで、力いっぱいオーリーをやる。

その結果、重たくて低いオーリーの繰り返しになるという悪循環におちいってしまいます。これを回避するためには・・・

 

オーリーは、空振りから始める

力でなんとかしようとするオーリーを続けていても、たまに高いオーリーができた気がしたり、実際に高い障害物を飛び越えられたりしますが、それは、間違いなくまぐれです。

スケボーに必要なのは、高さじゃなくて正確さなので、まぐれのオーリーができていても、上達は難しいです。

なので、僕は、テールの弾きは、空振りから始めたほうがいいと思っています。

テールが地面に当たらないくらい力を抜いたオーリーをやって、少しずつテールを地面に当てていく。

自分が一番気持ちよくフワッと飛べる力加減を探るように、少しずつテールを蹴る力を強くしていく練習方法が良いのかなぁと思います。

 

力を抜いて、テールの弾きを感じよう

僕も完璧にオーリーができているわけじゃないけど、気持ちいいオーリーって、僕たちが思っているよりも、全然力がいらないです。

垂直跳びで思いっきり飛ぶような力は必要ないです。

感覚で言うと、バスケットボールでドリブルする時くらいの力加減です。

実際、キレイにテールを弾けた時は、デッキはバスケットボールみたいに浮かび上がって、足の裏にくっついて見えます。

オーリーの完成には前足の動きが重要だけど、まずは、前足を休ませて、テールを気持ちよく弾く練習から始めてみてください。

今日は以上です!

オーリーできるようになるまで練習を続けるぞーっていうあなたのためのTシャツを作りました。

完全予約生産なので、この機会にぜひ!

Tシャツをチェックする

tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする