スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

オーリーの次にマスターしたいトリック その1 フロントサイド50-50グラインド

オーリーの次にマスターしたいトリック その1

どうも!稲垣です。

最近、僕のもとに届く相談の中で、

「オーリーの次にマスターすると良いトリックは何ですか?」

っていうのが多くなってきました。

オーリーをマスターして次のステップにいく人が増えてきたってことなんですかね。

オーリーは、奥が深いトリックなので、プロスケーターでも「完璧にマスターしたとは言えない」って言ってたりします。なので、やり続けようと思ったらいつまでもやれるトリックです。

かといって、ずっとオーリーしているのもつまらないですよね。せっかくなら次のステップにどんどん進んでいったほうが良いと思います。

これだけ飛べたらオーリーはマスターしたっていう基準はないんですけど、個人的には、30〜40cmくらいをミスなく何度でも飛べるくらいになったら、次のトリックに進んでも良いかなぁと思います。

相談も多くなってきたので、しばらくは、オーリーの次にマスターしたいトリックをお伝えしていきます。

初回の今日は、↓このトリック。

フロントサイド50-50グラインド!

50-50は、フィフティ・フィフティと呼びます。

前のトラックと後ろのトラックの両方を縁石やレールにハメて進んでいくトリックです。

映像では、高さ30cmくらいの縁石を使ってますが、最初は、10cmくらいでも良いと思います。低くてもグラインドは楽しめます。

パークにある縁石なら滑りやすいくてトライしやすいですね。

近くにパークがないっていう場合は、カーブボックスをDIYで作るのもオススメです!

 

50-50グラインドをオススメする理由

どうして、オーリーをマスターした後に50-50グラインドをオススメするのか?

キックフリップや180でも良いじゃないか、と思うんですけど、僕は絶対に50-50グラインドをオススメします。

なんでかっていうと、

50-50グラインドができると、一気にストリートスケート感が増すからです

オーリーをマスターするまでって、地味な練習の連続じゃないですか。

なんにもないところでバッタンバッタン飛んだり、空き缶とか三角コーンとかっていう目標に延々と向かっていったり。

「自分はいつになったら、YouTubeやDVDで見たスケーターみたいにカッコ良くなれるんだ・・・」

とスケボーがつまらなく感じたりもします。

だけど、50-50グラインドの練習は、めちゃくちゃ楽しいんですよ。

最初はなかなかトラックで縁石を削る感じが分からないんですけど、少しでも削りながら進もうものなら、

うおぉおおおおおぉおおおぉぉぉ!!!

ってなります。マジです。

こ、こ、これがスケートボードの楽しさなのかぁああぁぁぁぁ!!

って興奮すること間違い無しなんです。大げさに表現してると思いますか?僕は始めて50-50グラインドをメイクした時は、マジでこんな感じでしたよ。1人で練習していてできるようになったんですけど、ガッツポーズとっていたし、声は出さなかったけど、心で雄叫びをあげてました。

明日紹介する予定のボードスライドも、ストリートスケート感が出るんですけど、縁石を削っている感じがある分、50-50グラインドの方が気持ち良いです。

しかも、オーリーと50-50グラインドができたら、パークやストリートの楽しみ方が一気に広がります。

オーリーで障害物を飛び越えてから、縁石に50-50グラインドをするっていうような、ちょっとしたラインも撮影できるようになります。

「どれくらい上達したらストリートに出てスケボーできるんだろう?」

って思っている人は、50-50グラインドを目指してみてください。そこまでいくと、一気にスケートボードの可能性が広がりますよ。

50-50グラインドは、フロントサイドとバックサイドの2種類があります。

  • フロントサイドは、お腹側、つまり自分の前にある縁石に乗る
  • バックサイドは、背中側、つまり自分の後ろ側にある縁石に乗る

という違いです。たまにバックサイドの方が簡単っていうスケーターもいるんですけど、とりあえずフロントサイドの方がやりやすいです。バックサイドは置いておいて、まずはフロントサイドにトライしてみてください。

 

50-50グラインドだけでも、カッコよく見せられる!

50-50グラインドは、シンプルで初歩的なトリックだけど、スピード、高さ、姿勢などで自分のスタイルを表現できるカッコイイトリックです。

僕は50-50グラインドが一番好きなグラインドトリックなんですけど、好きになった理由は、Quim Cardona(クイム・カルドナ)っていうスケーターの滑りを見てからですね。

クイム・カルドナは、キレイな滑りをするわけじゃないんだけど、シンプルなトリックをめちゃくちゃかっこ良く見せるスケーターです。

何度見てもカッコイイっす!あ〜スケボーしてぇ!

明日は、オーリーの次にマスターしたいトリック その2として、ボードスライドを紹介します!

tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする