スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

凡人が最短でオーリーをマスターするためには。

凡人が最短でオーリーをマスターするためには。

どうも!稲垣です。

今日のメルマガメンバー限定ブログの内容は、

  1. 今週のコラム「凡人が最短でオーリーをマスターするためには。」
  2. おすすめアイテム
  3. 今週の動画
  4. 今週のクーポン(先着3名まで)

です。

凡人が最短でオーリーをマスターするためには。

お店やオンラインストアでは、これからスケボーを始める人達から、沢山の相談を受ける。

デッキやパーツの選び方を聞かれることが多いのだけど、意外に多いのが、

「どれくらい練習すれば、オーリーできるようになりますか?」

という質問。

どれくらいというのは、回数ではなく、期間のことだろう。

「かんたんですよ。誰でもできるようになります。」

と答えておけば、スケボーが、スポンスポンと売れてくれるのだろうが、俺は、スケボーに関しては、嘘をつけない男だ。だから、

「オーリーは、普通の人で3年かかります。」

と答えてしまって、いきなり初心者の希望を打ち砕いてしまう。

ほとんどの人は、

「え!そんなに・・・」

と驚きと不安の表情を見せる。それでも、「頑張って練習します!」と言ってスケボーを買っていく人がほとんどだ。たまに、「ちょっと考えてみます」と言う人もいるけど、それはそれで、良いことだと思う。

今は、スケボーの楽しみ方が広がっていて、オーリーしなくても楽しめるスタイルも沢山ある。

俺の店ですべての人の希望や夢を叶えることはできないと思っているし、お客さんにとっても、楽しみ方のスタイルが合っているお店に出会えた方が良いと思って、正直に伝えるようにしている。

オーリーができるまでの3年間の下積み。才能がある人だと、数ヶ月で下積みが終わって、どんどんトリックを増やしていく人もいる。

逆に、3年どころか10年続けていてもオーリーができない人もたくさんいる。この差は、なんだのだろう。

以前、スケートパークに毎週通っていた時に、いつも一緒に滑るおじさんスケーターがいた。歳は、当時で40歳くらいだったと思う。

彼は、15年くらいオーリーの練習をしているが、未だに木の枝を飛ぶのがやっとだと言っていた。

実際に、彼のオーリーは、低かった。木の枝でさえも飛んでいるというより、またいでいるような感じだった。

彼のパークでの振る舞いを見ていると、オーリーの練習は、あまりしていなかったように思う。小さなランプで往復したり、バンクで、どう見てもできないであろうポップショービットをやろうとしていた。

30分ほど滑っては、パークに来ている他のスケーターと談笑して、タバコを吸っている。そんな感じだった。

楽しみ方は、人それぞれだし、彼の行動には、何も思わなかったのだけど、話していると、違和感を感じることが一つあった。

彼は、いつかは、オーリーをマスターしたいと思っていて、そのために、毎日ハウツーDVDを見ることを欠かさず、スクワットで筋トレをし、バランスボールでトレーニングをしているのだと言っていたのだ。

かれこれ5年くらい、こういったことを続けていて、その結果が、小枝をまたぐオーリーだった。

俺は、彼にこう言いかけた。

「もっとオーリー自体の練習をした方がいいんじゃないですか?」

言いかけたが、やめた。俺は、聞かれない限り、アドバイスはしないと決めているからだ。

彼には、彼のスケートライフがあるのだ。

でも

でも、せっかくだから、このブログには大切なことを書いておこう。

オーリーが上手くなりたかったら、オーリーをする以外に方法はない。

スケボーが上手くなりたかったら、スケボーに乗ること自体がトレーニングなのだ。

オーリーに役立ちそうなトレーニングを続けていても、一生オーリーはできない。

上手くなりたかったら、とにかくスケボーに乗り続ける以外に方法はない。

なのに、どうして、40歳の彼は、オーリーの練習をしないで、トレーニングをしてしまうのか?

効果を感じやすいからだ。

ハウツー、筋トレ、バランストレーニングは、オーリーに比べれば、効果を感じやすい。

ハウツーの理論を聞けば、また一つオーリーを理解したという実感を得られる。頭がスカッとする。

筋トレは、続けていれば、確実に筋肉がつく。実際、彼の太ももは、40歳とは思えないほどムキムキだった。俺は、「筋肉は裏切らない」は本当だと思った。

バランスボールのトレーニングも、やればやるほどコツをつかんで、長い時間できるようになる。でも、これは、バランスボールに乗るのが上手くなっているだけで、オーリーには役立たない。

やればやるほどコツをつかめるのは、オーリーも同じなのに、彼は、バランスボールに乗ってしまっていた。

理由は分からないけど、オーリーがそれだけ難しいトリックということなのだろう。

スケボーは、練習した分確実に上手くなるものでもないし、筋肉のように見た目では、上達が分かりにくい。

でも、練習を続けることで、脳と体は、確実にスケボーにフィットしていく。

そして、ある日突然オーリーができるようになったりする。

できるようになるというか、「あ!こういうことか!」とひらめきのように頭と体で理解できるのだ。

最近、俺は、オーリーができるようになるまでの期間というのは、掛け算で表されるのではないかと思っている。

才能×練習時間×理論(環境)

この掛け算の答えが大きいほど、マスターまでの期間が短いスケーターになれる。

短期間で一気に上手くなる人は、才能の数値が高い。

プロでもなんでもないけど、「あの人の動き良いよなぁ」という人は、長年滑り続けている人だったりする。

なかなか上達しなかった人が、上級者との出会いで一気に上手くなるということがあったりするのは、理論を理解することで、動きに無駄がなくなるからだ。

この3つの条件の中で、一番解決しやすいのは、練習時間だ。

才能は、最初になかったら、多分ない。マジでスケボー上手いやつは、最初っから上手い。

理論に関しては、最近は、かなり出尽くしていて、YouTubeのハウツーを2、3個見ておけば、誰でも手に入れられる。

やはり、普通の人が最短でオーリーをマスターするには、練習時間を増やしていくしか方法はない。

掛け算だから、才能がなくても、滑る環境が悪くても、練習時間を増やせば、絶対に、確実に数値は大きくなる。

3年を長いと思うか、短いと思うか。

中学1年生から部活を始めて、3年間続ければ、初心者では太刀打ちできない中級者にはなっているものだ。

スケボーをレジャーではなく、スポーツと考えれば、3年くらい普通の期間だと俺は思うのだけど。

プロを目指す、オリンピックを目指すという目標を持っているけど、才能がないスケーターなら、練習時間を増やすのはもちろん、環境を変えることも絶対に必要になってくるということだ。

俺がパークで出会った40歳のおじさんスケーターは、今頃は、50歳手前くらいだろう。オーリーはできるようになったのだろうか。

もしも、彼がこのブログを読んでいたら、また一緒に滑りたいな。そして、お店のパークで、人の目を気にせず、オーリーにトライして欲しいな。

今週のおすすめアイテム

今週のおすすめアイテムは、新しく取り扱いをスタートしたSTATE FOOTWEAR(ステイト フットウェア)です!

今季は、3モデルをセレクトしました。

STATEについて詳しくは、こないだ書いたブログを読んでみてください。

俺も、VISTAというモデルを買って、実際にスケートに使用しているけど、めちゃくちゃ調子良いです!

ソールは薄め。柔らかいスケートシューズが好きな人は、ハマると思います!

クッショニング性能は、普通という感じだけど、耐久性やグリップも十分で価格も1万円以下。

デザインは、スポーツ感がなくてクラシック。渋好みなスケーターに支持される理由も分かります。

今なら、初回入荷分は、20%オフでゲットできるので、ぜひチェックしてみてくださいー!

https://hi5sk8.net/store/category/brand/state-footwear/

ちなみに、↓このモデルは、POLITIC(ポリティック)というアメリカ東海岸のスケートブランドとのコラボカラー。

POLITICも、渋好みのストリートスケーターからの支持が熱いスケートブランドで、Hi5も、今年の12月くらいから取り扱いをスタートします。入荷したら、またお知らせするので楽しみにしていてください。

今週の動画

今週は、おすすめアイテムで紹介したSTATE FOOTWEARとコラボしたスケボーブランドPOLITICに所属するプロスケーター Danny Renaudo(ダニー・リナウド)の動画を久しぶりにチェックしました。

この映像は、2007年に発表されたものなので、もう13年前。当時30歳の俺は、このビデオを見まくっていました。

ダニー・リナウドは、コンテストに出るわけでもないし、人気ファッションブランドを着ているわけでもないんだけど、通なスケーターには、ものすごく人気がありました。

大きい体で、丁寧にトリックを決めていくクリーンなスタイルがカッコいいんですよ。派手さはないんだけど、リアリティがあるというか、滑りからストリート感がぷんぷん漂っています。

ストリートスケートの良さって、西海岸のドッカーンとぶっ飛ぶスタイルより、東海岸の路地裏に本当の魅力があると思っていて、このダニー・リナウドのパートを見ると、ストリートスケートがしたくなります。

ダニー・リナウドは、このパートをリリースした後に、事故に合ってしまい、命に関わる大ケガをしました。そこから復活して、再びPOLITICのプロスケーターとして滑っています。

ダニー・リナウドのプロモデルデッキも入荷予定です。彼のホームタウンフロリダを感じるイカしたデザインです。お楽しみに!

今週のクーポン

2020年10月30日まで使えるお得なクーポンをプレゼントします!使えるのは、先着3名までなので、気になるアイテムがあるあなたは、お早めに!

クーポンコード:1024765
Hi5の全商品が送料無料になります。

質問募集中です!

メルマガメンバーからの質問を募集中です。

トリックの練習方法、モチベーションを保つコツ、買おうか迷っているアイテム(他店のアイテムに関しては答えないぞ)について、など、スケボーのことで困っていることがあったら、質問を送ってください。俺のできる範囲でお答えします!

質問を送るときは、↓このフォームを使ってねー。

    お名前 (必須)

    ペンネーム
    送って頂いた質問をメルマガで紹介する時にペンネームをご希望の場合は、記入してください。

    住所 (必須)
    都道府県と市町村まででOKです。(例 富山県富山市)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文

    メッセージを送信後に、受信を確認する自動返信メッセージがあなたのメールに届きます。もしも、受信確認メッセージが届かない場合は、

    (1)迷惑メールボックスに入っているかもしれません。
    (2)入力したメールアドレスが間違えているかもしれません。
    (3)携帯電話メールの場合は、PCメールの受信を許可して下さい。

    以上の3つを確認してみて下さい。
    それでもメールが届かない場合は、システムエラーの可能性があります。もう一度、再送信してみて下さい。よろしく!

    今週のメルマガメンバー限定ブログは、ここまで!

    あなたのスケートライフが最高に楽しくなるように応援しています!

    Hi5 稲垣より

    tencho-portrait

    僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

    多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

    ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

    でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

    そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

    今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

    この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

    長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

    スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

    ↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

    スケボー初心者が陥るワナ

    スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

    スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

    大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

    18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

    お気に入りをぶっ壊せ!

    スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

    人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

    スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

    スケボーのデッキがアートな理由

    SNSでフォローする