スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

スケボーロボが現れたら、スケボーやめちゃう?

スケボーロボが現れたら、スケボーやめちゃう?

どうも!稲垣です。

最近、色んな物事が便利に効率的になってますよね。

今まで人間がやっていた仕事を、コンピューターや人工知能が代わりにやってくれたりして、「人間の仕事がなくなっちゃうー!」なんていう、困ってるんだか嬉しいんだか分からない悲鳴も聞きます。

あと、生産性がない人はダメとかなんとかって発言して問題になってる人とかもいます。

効率とか生産性の話で言うと、スケボーなんてやっていてもなんにもならないじゃないですか。

むしろ街を傷めたりするやっかいな存在だったりするから、「スケーターなんていなくなれ!」って思ってる人もいるかもしれない。

そんなスケボーも、オリンピック以降は、もしかしたら、生産的なスポーツとして認められるかもしれない。大会を開催して、人が集まってスケボーがお金になるようになると、大人たちから、生産性があるとみなされます。

野球少年が壁に向かってボールを投げてたら「お!将来はプロになるのか?がんばれよ!」なんて声をかけられるように、スケーターが街でグラインドしていたら、「お!将来はオリンピック選手か?がんばれよ!」って声をかけられるようになるかもしれない。

だけど、行動全てに意味とか生産性とか効率とかを求められると、「スケボー下手なのに続けるのムダ」ってことになりかねないのが嫌だなぁと、僕は思うんですよね。

スケボーが上手くないと意味がない、大会で勝たないと意味がないなんてことになると、僕なんて無意味な人間ですよ。無意味が板に乗って滑ってるだけ。

実際、スケボーに乗って滑ることなんて元々無意味なことです。たまに、「自分はセンスがないから」「自分は下手だから」みたいな理由で、スケボーに没頭できない人がいたりするんですね。

なんの根拠も証拠も論理もなく言っちゃいますけど、下手でもスケボーやっていいし、楽しんでいいです。

効率とか生産性を求められる社会になると、人間は機械に勝てないし、もしかしたら、スケボーロボットみたいなのが現れて、完成した瞬間から全てのトリックを完璧にこなすこともあるかもしれない。

そうなったとしても、僕たちは、スケボーをやめないと思うんですよね。

だって、スケボーを続けるモチベーションの源泉って「もっと上手くなりたい」じゃないですか。

あるお金持ちが、「この世の全てをお金で買えると分かった瞬間、物欲が消えた。欲しいものはなにもない。」と言っていたんですね。

つまり、できないトリックがある間は、まだまだスケボーを楽しめるってことだと思うんですよね。

スケボー初心者の時は、なにもできないのが恥ずかしかったり、なにもできなくてモチベーションが続かなかったりする時もあるけど、「あー!スケボー難しいわー!!」ってキレながらでも良いので、今日も練習しましょう。絶対に楽しくなっていくから。応援してます!

今日は以上です。

「練習あるのみ」という英語のことわざというか慣用句があります。すごく良い言葉だと思ったので、Tシャツにしてみました。よかったらチェックしてみてください!

こちら→ Tシャツをチェックする

tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする