富山のスケボーショップ Hi5

ブログ これからスケボーを始める人向け 店長日記

絶対にあいつらよりもスケボー上手くなってやる!と思っている富山のスケーターよ、うちへ来い。

どーも!稲垣です。

「スケボーショップは、入りづらい」

という言葉を、これまで何度も聞いてきたし、自分でも言ってきた。

入りづらいというのは、商売的には、とてもしんどいことだけど、入りづらさが、まったくないっていうのでは、あっという間に消費されて終わってしまう。

スケートボードは、消費されるよりも、入りづらさを選んできたけど、少しずつ色んな人に楽しさが伝わっていて、良い感じだなと思う。

うちのお店は、今年で10年。最初の6年間は、オンラインショップだけで運営していたので、富山のお店は、4年です。

富山でお店をやる時に、どんな形でやっていこうかなと、色々考えた。

実力的にも、資金的にも、大きいお店を経営していくのは無理だから、地元の小さいスケートショップしかできないというのは決まっている。

SupremeやFTCみたいな、スケートボードだけを貫いているショップはカッコいいよな。

地元のイケてるスケーターが集まっているお店が良いよな。

と考えているうちに、とても大切なことに気がついた。

「めちゃくちゃ時間がかかる話だな・・・・」と。

うちでスケボーを買ってくれた人をサポートして、彼らが上達した結果でしか、お店の存在意義を示すことはできないからだ。少なくとも10年はかかる。

すでに上手いスケーターに声をかけて、サポートと引き換えにお店に来てもらい、イメージを作っていくということを考えたりもしたけど、ショートカットしているようで、違うような気がした。

最初から上手い人たちを、あの手この手で集めたショップよりも、10年後に、「みんな最初は下手くそだったよなー」と思い返すことができるショップがいいなと思った。

そんな風に思って4年がたった。

まだまだみんな下手くそだ。

スケボーは、たった4年じゃ上手くなれないし、

スケートショップも、たった4年じゃ存在意義を果たせないということが分かった。

4年もたったかーと思ったけど、まだま始まったばっかりだった。

去年のスケボーブームで少しだけ儲かったけど、全部、スケートパーク作りの資金に使った。

富山 スケートパーク

滑る場所を提供することが、この4年間通い続けてくれたスケーターたちへの恩返しだと思ったからだ。

「あのお金が今残っていれば」と思う日も、たまにある。1年で365日くらい。

なかなか上手くならないスケーターたちを見ながら、竹刀を振り回して指導したいと思う日もある。1年で366日くらい。

でもまぁいいのだ。みんな楽しそうだ。

スケボーは、実力主義だから、始めたばっかりの初心者や下手の横好きにとっては、少しツラいときもある。

もしも、あなたが「絶対にあいつらよりも上手くなる」と思いながら、1人で練習しているなら、うちへ来い。一緒に滑ろう。という気持ちで、今日もお店を開けるぞ。

 

【追伸】

Hi5のオリジナルキャップを作りました!
予約受付中です。

-ブログ, これからスケボーを始める人向け, 店長日記