スケボー通販ショップ Hi5 SKATEBOARDING

スケボーの評価基準が分かれていくという話

スケボーの評価基準が分かれていくという話

どうも!稲垣です。

最近、Twitterの毎日更新を続けています。よかったらフォローしてみてくださいー。

こちら→ https://twitter.com/Hi5Skate

こないだ、↓こういうツイートをしました。

スケボーはスポーツなのか?という議論は、僕がスケボーを始めた20年以上前からあります。

当時は、「スポーツじゃない」という意見が多数で強かったけど、最近は、「スポーツだ」「スポーツの要素は間違いなくある」「もはやスポーツ」という感じで、スポーツに軍配が上がりそうな雰囲気で、オリンピック後は、さらにスポーツになっていくのかなと思います。

「ユニフォームがないのがスケボー。だからスポーツじゃない」って言われていたけど、オリンピックでは、ユニフォームの着用が義務付けられています。先日、アメリカチームのユニフォームが公開されました。

普通にカッコいいっす!

デザインしたのは、TIRED SKATEBOARDSのPiet Parraというアーティストです。日本チームのユニフォームがどんなのになるのか楽しみです。

さっきの僕のツイートに戻ります。

僕は、スケボーのチームって、勝つためじゃなくて、楽しいから集まってるっていうのが好きなんですね。

トップスケーターが集まっているドリームチームっていうのもいいんですけど、「ノリが合う」っていう理由だけで集まって、それがスタイルになって人気が出るっていうのが理想です。

ノリだけで集まると、中には、全然スケボー上手くないっていう人もいたりするんだけど、それでもいいじゃんと思います。

アメリカのローカルチームの映像見てると、明らかに「この人、下手やな」っていうスケーターもいる。そういう時、僕は、「多分、この人、めちゃくちゃいいヤツだったり、面白いヤツだったりするんだろうな」と思うんですよ。そういうスケーターをフックアップしているチームって、絶対に良いチームです。

スゴイとか、勝てるとか、そういう評価じゃなくて、「アイツがいないと面白くない」っていうノリがあるスケートチーム。僕がスケートチームを作るなら、そういう風にしたいなぁと思ってます。

卓球の映画で、卓球温泉っていうのがあります。

卓球温泉では、勝つことじゃなくて、どれだけラリーを続けられるか?っていうのが評価基準です。

普通の卓球は、相手が打ち返しにくい球を打ちます。

卓球温泉では、相手が打ち返しやすい球を打ちます。

同じ卓球でも、評価基準が変わると、やり方が変わる。

スケボーも、これからは、評価基準が大きく分かれていく時代になりそうです。今日は以上です!

CHOCOLATEのデッキが20%オフでゲットできるバレンタインキャンペーンは、2月14日の今日で終了です。

2,000円以上お買い得になるので、ぜひチェックしてみてください!

こちら→ CHOCOLATEデッキ一覧

2月14日までバレンタインキャンペーン CHOCOLATEデッキ20%オフ!

tencho-portrait

僕のホームページHi5にアクセスしてくれてありがとうございます!

多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。

ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。

でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^)

そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。

今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。

この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。

長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。

スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^)

↓タイトルをクリックすると新しいウィンドウで記事が開きます。

スケボー初心者が陥るワナ

スケボーを続けるために気をつけたい3つの事+1

スケボーショップがドラクエの武器屋だったら。

大人だからこそ、スケボーを楽しむべき3つの理由

18歳よりも60歳のほうが、スケボーを楽しめるという話

お気に入りをぶっ壊せ!

スケボーを始めるとあなたの人生はどんな風に変わるのか?

人生を最高に楽しくするオフ・ザ・ボードという考え方について

スケーターだけどBURTONの言葉に感動した

スケボーのデッキがアートな理由

SNSでフォローする